ロック掛かってるから

2014年12月9日 / 日々の話

今日の丹後のお天気は晴れたり曇ったり
雨降ったり、あられが降ったり…。

訳の分からない天気です(^^;
これを”うらにし”と言います。目まぐるしく
天気が変わるので”

『弁当忘れてもカサ忘れるな』

と言われるくらいです(^^;

今朝、子供を保育園に連れて行く時のこと
このうらにしのせいで急に雨が降りだしました。




息子に『雨入るし、寒いから閉めてーな』と言うと

暫く経ってから

『お父さん、アカンわ!この車ロックが掛かってる』

この営業用の箱バンの何処にロックが?
面倒臭いから適当な事いいやがって(*´艸`*)
思わず、吹きそうになりました。

ちなみに1時間後の丹後半島の海岸

直ぐに天気が変わってしまうのです(^^;
少し離れてますが同じ丹後ですよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

今日のボード

2014年12月8日 / お知らせ, 寝具のこと

今日のボードと言いましても毎日書き換えてる
訳ではありません。サボり気味で2~3週間に
一度くらいでしょうか(^^;店頭に掛けてあります。

汚い字ですがご了承下さい(^^;

お客様との会話の中でよくある話なのですが
掛ふとんさえ、整えたら暖かくなると誤解されている
場合があります。お年寄りの方でよくあるのが

掛ふとんを4枚も5枚も重ねている場合…。

保温性が
高まるというよりも重くて寝返りが出来なくなります。
身体への負担が大きくなるだけで効果は薄いです(^^;

今度は掛けはシッカリと整えていい羽毛ふとんを使い
カシミアの毛布なんか使っているのに寒い…。
そんなケースもあります。お話をよくよく聞いてみると
ベッドを買う時にサービスに貰った

薄いパット1枚で寝てます。

なんて事もあります。

ポイントは掛ふとんも勿論大事なのですが
敷ふとんの保温性が全然足らない事が原因です。
敷ふとんに保温性が無いと横向き寝をして縮まって
眠りませんか?横を向くのは背中の接地面積を
減らして冷たさを少しでも回避したいからです。

とは言いましても電気毛布はオススメできません
睡眠の質が悪くなり、身体にも良いとは言えないからです。

アクリルやポリエステル系の寝具もオススメできません。
蒸れて余計に冷えてしまいやすいからです。
出来るだけ自然素材のシッカリとした敷寝具を
使いましょう。背中が冷えることが無ければ寝心地も
快適になります(^^)

ちなみにボードに書いてある何年も使った綿のおふとんと
言うのはヘタったせんべいふとんの事です。
いくら自然素材といえどもヘタっていると暖かい
空気を含むことが出来ませんし、湿気を含むと更に
寒くなります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

エアコンに当たりすぎるとしんどい。

2014年12月7日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, 日々の話

お店はお客様の為にずっとエアコンで室内温度を
調整しています。しかし、最も低い温度設定に
してても長時間いると結構しんどいのです。

なので適当にスイッチをOFFにするのですが
今度は一気に室内の温度が下がってしまいます。
どうしても出入口から冷気がはいってしまうんですね。

そこで暫くオフにしている間はこれを使います。
これが物凄く役に立ちます。これがあればエアコン
無しでも身体がポカポカして気持ち良いんです。

子供がボールペンで落書きをしてしまい
結構恥ずかしい状態なのですが…(^^;

フットウォーマーと言いますかフットバスと
いいますのか遠赤外線で足を温める機械です。
足だけが温まるというわけではなく足が
暖まれば全身もホコホコとしてきます(^^)

足を温める事は睡眠においてもとても重要です。

『足が冷えていると寝付けない』

これ、事実です。ウトウトとしてる赤ちゃんの
手足というのは暖かいですよね。手足から熱を
放出し身体の深部体温を下げているのです。この
メカニズムは大人も子供も同じですが手足が
冷たいと…。放熱することが出来ず、寝付きも悪いのです。

なので大切なことはお風呂にシッカリと入ること。
シャワーでさっさと入浴を済ませる方がいらっしゃいますが
あまり高くない40度前後のお湯にジックリと浸かる
(心臓よりも低い位置で)と身体は温まります。

そうすることで冷えた足を暖めることが出来ますし

湯たんぽです。湯たんぽは足を暖めるのには
持って来いですね!不要になれば足で蹴飛ばせます。

これはえびすやにある湯たんぽなのですが純銅製です。
銅の湯たんぽは中々冷めにくく、そしてとても暖かい
のが特徴です。朝目覚める頃もまだ暖かいです。(^^)
遠赤外線の暖かさはとても柔らかくて電気アンカとは
違った暖かさです。

昔の人は朝起きた時にこのお湯で顔を洗ったそうです。
銅の抗菌作用も働きとても衛生的な湯になります。

また、靴下を重ね履きされる方がよくいらっしゃいますが

『逆効果』

足を締め付けることで血流が悪くなり、汗がこもるので
冷えてしまいます。最近良く見かけるアクリルのモコモコの
靴下なんかも汗がこもるので冷え、霜焼けなどになる事も…

履くなら吸湿性が良く、締め付けのないこんなのが
オススメです。羽毛のソックスです。中綿は羽毛ですので
保温性に優れ、吸湿性がいいので汗がこもらず冷えません。
締め付けがないので血流を阻害しません。暖かくなり不要に
なれば足でキュキュッとすれば脱げます。

えびすやは電気で加温する寝具というのは基本的に
オススメしておりません。やはり、出来るだけ自然に
眠って頂たいと思ってます、電気毛布など電気で加温する
ということ眠りのメカニズムと合わず、体に負担を
掛け、眠りの質を悪くしてしまいます…。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

悲しみの別れ『菊岡神社』

2014年12月6日 / 丹後の歴史, 丹後の神社, 神社・歴史

丹後の戦国時代のお話。

丹後は室町幕府の要職に付いていた一色氏が
治めておりました。その一色氏は織田信長の命に
より細川幽斎が侵攻してきました。

しかし、中々一筋縄でいかない一色義俊。
徹底抗戦をします。そして最終的には和議となり
丹後は細川氏と一色氏の分国統治となりました。

その時に細川家から細川幽斎の娘、伊也(菊姫)が
一色義俊の元へと嫁ぎました。暫くの間は
平穏無事に時が過ぎましたがきな臭い戦国の世。

一色義俊を宮津城へ呼び出し、そのまま斬りつけ
殺してしまいました…。一色家滅亡。

居城である弓木城は落ち、身を隠しながら夫、義俊の
菩提を弔っていたが意を決して兄のいる城を訪れるも
不在であり、敵方の姫と言う事で留守居の家臣に
より追い返されてしまう…。

そしてこの地で自害をしてしまう。。。


と一色軍記ではこの地で命を断ったありますが
史実では京都の吉田神社へ嫁ぎ、長命だったとか。

ちなみにココは京都府のアベオオサンショウオ
生息地でもあります。参拝に来るたびに一度見たいと
探してはみるものの…。


一度も見たことはありません(^^;

この地の地名”姫御前”は伊也(菊姫)から
きているのかもしれませんね。

御祭神? 菊岡比売命
京都府京丹後市大宮町姫御前  菊岡神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

悪い癖

2014年12月5日 / 日々の話,

僕は読書が趣味なのですが
最近、なかなか読む時間が無く
読書がすすまない…。

にも関わらず

『買う』

欲しい本が有ったら手が出てしまうのだ。
読むペースは緩やかなのに欲しい本があると
ついつい買ってしまう(><)

僕の買った本は2種類の運命を辿ります。
昔に買った本を時間が空いてでも読む本と
時間とともに興味が無くなりお蔵入り。。。

最近買った本、2冊です。
上の歴史本は朝鮮半島の三国時代(新羅・百済・伽耶)と
その当時の日本の関係性を知りたくて買ってみました。
僕の古代史の先生、ご推薦の書です。

下の本はセスキ炭酸ソーダを使いこなしたくて4ヶ月ほど前に
買ったのですが…。(><)セスキ炭酸ソーダとういのは
ナチュラルクリーニングの強力な武器になります。重曹よりも
遥かに強力だ!これをマスターしたいと思ってるんですが(^^;

積ん読してる本が溜まらないようにせっせと読まなきゃ!(><)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK