カテゴリー「睡眠改善」の記事

制作事例No.11『シーズンの終わり』

2017年3月18日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 睡眠改善

昨日は娘の保育園サヨナラ遠足。
もうすぐ卒園でみんな行く小学校がバラバラになるため
最後のみんなで行く遠足です。遊び倒して帰ってきたようで
眠くなる時間が何時もよりも早かったようで…(^^)

 

2055

 

もう1つの保育園のお話ですが
ようやく今年の保育園のお昼寝布団の制作が終わりそうです。
メキシコ綿100%の生成のブロード地でお仕立てしました。

 

2056

 

一般的に売られているポリエステル綿を使った
お昼寝掛ふとんとは肌の沿い方が馴染み方が異なります。
やっぱし綿わたは良いですね(^^)

 

時期的には今がご注文が集中する時期ですが
実は年中、ご注文を頂いております。途中入園される場合と
もう1つ・・・。

 

ベタベタに薄くなってしまい、これで寝かすには
子供が可哀想だと思って来られるお客様がいらっしゃいます。
床の上に敷いて眠ると子供が痛くて眠れないそうです。

 

赤ちゃんのベビーふとんも生まれて暫くして
用意したふとんでは泣いて眠ってくれないから
おかしい・・・。と思ってご相談に来られるお客様も
いらっしゃいます。身体に対しての発汗量の
多い赤ちゃんにとってポリエステルでは汗が吸収されないのです。
肌着にポリエステル素材のものを着せることは
まず無いと思います。それと同じで寝具も汗を
吸収しないといけません。泣き続けることで不快感を
訴えています。

赤ちゃんのふとんもお昼寝布団も大人が寝てみれば
その使い心地というものが良くわかると思うんですが(^^;
子どもさん達に心地よい自然素材の寝具を是非、用意して
あげてください。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: ,

綿ふとんの良いところ

2016年12月22日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 睡眠改善

1720

 
綿の敷ふとんは”かまぼこ型”になっていまして
真ん中の層が分厚くなっています。ふとん端は使いません。
中で寝ます。すると真ん中がヘタってきます。これがもし、
まっ平らに単純に綿を重ねただけのものだと真ん中が
極端に凹みます。だから真ん中が嵩高くなってます。
職人が作るふとんはこういう作りになっています。

 

掛ふとんは掛ける方なので負荷はそんなに掛かりませんが
敷ふとんは毎晩、8時間、体重が乗っかかる訳で掛けふとんに
比べるとヘタリは早くなります。

 

えびすやとしては頭を悩ませるところで1番、気を使うところです。
ヘタって薄くなったせんべい布団が身体に良いなんて言われますが
それは間違いです。身体の凹凸を吸収できず弾力も無い。
腰骨や肩甲骨に底づき感があり痛くて上向き寝が出来ない。
(これが合う体型の方もいらっしゃいます)

 

基本的には2枚敷をオススメしています。
マットレス+敷ふとん(敷きパット)ですと湿気が抜けやすく
運びやすいのでメンテナンス性も良くなります。
マットレスと敷ふとんで身体を支持し、凹凸に合わせ
身体に負担のかかりにくい上向き寝が楽なように調整します。

 

身体を支持させる他に特にこの季節必要なのが

 

『暖かさ』

 

何故、電気毛布を使ってしまうのでしょうか?お話を
伺ってると電気毛布が必要なさそうな人でも使っている場合が
あります。それは敷寝具そのものに保温性が無いのです。
寒いからと言って毛布や掛ふとんを何枚も重ねる方が
いらっしゃいますが効果は薄く、寝返りがしにくくなって
眠りを阻害しています。敷寝具に保温力を持たせることが
重要です。その時に使わないほうが良いのがアクリルや
ポリエステルのボアシーツや毛布です。もちろん毛布や
パットだけではなく掛ふとんや敷寝具もです。

 

1917

 

汗がこもって余計に冷えますし、電気毛布を使用している場合だと
深部体温が下げられないので深い眠りに入れず脳も身体も
休まりません。えびすやではアクリル系の素材の寝具は
オススメしていません。保温性の高い自然素材の寝具を
オススメします。
敷寝具は掛ふとん以上に重要であるといっても過言では
ありません。敷しんぐを選ぶポイントは

 

①寝具は二枚敷で自身の体型に合わせ上向き寝
②睡眠中は発汗量が多い。汗の吸湿発散の良い自然素材の寝具を使う
③掛ふとんを無駄に重ねるよりも敷寝具の工夫・組み合わせで保温性を高める
④電気毛布は使わない

 

 

この①~④を実行するだけで寝床は劇的に変わります!

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。

タグ: , ,

ねこじゃらしNo.112

2016年12月17日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 睡眠改善, 羽毛製品

1912

 

今朝の朝刊にて”ねこじゃらし”が織り込まれています。
今回もねこじゃらしさんにお世話になり広告記事を掲載させて
頂きました。今月は羽毛ふとんのお話です。(過去の掲載記事はこちら

 

『羽毛増量サービス!』

 

なんてチラシを目にしたことありませんか?
いい羽毛ふとんは増量サービスなどしません。
羽毛の充填量は羽毛の質によって決まります。
良い羽毛というのは粒が大きいので必要な充填量が
少なくなります。質の良い羽毛を必要以上に
詰めると膨らみすぎて身体に沿わず寒さへと繋がります。

 

 

縫製の仕方、生地の質、羽毛の量の丁度程よい
バランスというのがあります。単にたくさん詰めれば
良いというわけではありません。この場合の羽毛増量は
元々、使われている羽毛が質の良いものでは無いことが伺えます。

 

そして、もう1つ。
最近、目立つのはポリエステルを混紡した側生地です。
これはコストが安く付くことと生地が軽くなるので羽毛が
膨らみやすく見た感じがよくなるからですが綿100%の
ものをオススメします。ポリエステルですと吸湿性が悪く
羽毛の調湿機能が活かされず、蒸れの原因になります。

 

 

子供の場合、身体が小さくとも大人以上に代謝量が高いので
よく寝汗をかきます。こういった側地の羽毛ふとんに
アクリルのボアシーツ、に毛布、パジャマもモコモコ・・・。
こんな状態ですと、寝汗でベトベト、ふとんは蹴飛ばし
そして汗の水分で風邪をひく・・・。お子さんが風邪を
よく引く場合、こんな寝具を使っていませんか?気になる方は
素材をチェックしてみて下さい。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。

タグ: , , , ,

赤ちゃんが寝てくれません。

2016年11月13日 / 寝具のこと, 睡眠改善

『子供がぐずって寝てくれません。』

 

だから綿のふとんが欲しいのです。とお客様が
ご来店下さいました。

 

1850

 

ぐっすりと寝てくれない原因として多いのは
寝具が化学繊維の場合です。ポリエステルなどの繊維は
吸湿性が殆どありません。しかし、赤ちゃんは身体が
小さいにも関わらず大人並みに汗腺があり、身体の
大きさから考えるととても発汗量が多いのです。

 

だから蒸れてしまいます。蒸れると肌着やパジャマは
ベトつき、ふとんを肌蹴ます。それが寝冷えや風邪の原因に・・・。
また、アクリルやポリエステル素材の寝具は静電気を
起こします。静電気が部屋のホコリを集めてくると(><)

 

また、大人の生活リズムに同調してしまう等の夜更かしや
朝起きるのが遅いなどの睡眠サイクルが乱れていたりする事もあります。
ただし・・・。新生児は夜は眠ってくれません。睡眠のリズムが

まだお母さんのお腹に居た時のままで、2~3ヶ月経ってようやく
昼夜のリズムが出来上がってきます。

 

赤ちゃんの仕事はおっぱいを飲むことと眠ることです。
仕事がし易いのは化学繊維の寝具ではなく自然素材の寝具です。
自然素材の寝具を用意してあげましょう!(大人も同じですが)

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。

タグ: ,

トランポリンじゃないから飛び跳ねないで!

2016年10月23日 / 寝具のこと, 睡眠改善

子供の頃、友達の家に行った時、
両親の寝室にあるダブル?クィーン?サイズのベッドで
みんなで飛び跳ねて遊んでた事があります。

 

これってやっちゃダメですよ。マットレスへの
負担が大きいのです。。。

 

1818

 

中央に近い部分が約3,5㎝沈んでいます。
表面を測っただけで3,5㎝は相当なヘタリです。この上に
寝ると更に沈みますのでとても上向き寝は出来ませんし
腰への負担が掛かります。

 

これは子供さんがベッドマットレスでかなり遊んでいた
そうなのでそれが主原因かと思われますが長年使い続けた
マットレスも同様になります。

 

パッと見は解りにくいので表面を触ると腰の部分が
落ち込んでいるのが解りますし、写真の様な感じで
測ればよく解ります。また、全くヘタっていなかったと
しても自分にとって柔らかすぎると腰が沈み同じような
事になります。

 

上向き寝が出来ない、うつ伏せや横向き寝ばかり
腕のしびれや、肩や首のコリ、腰に違和感を感じる・・・。

 

そんな事をお感じになられるようでしたら
一度、マットレスのヘタリ具合を見てみて下さい。
ヘタリがキツイ場合は自身の身体に合うマットレスや
敷ふとんにチェンジしましょう。ガラッと変わります。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。

タグ: ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK