カテゴリー「睡眠改善」の記事

夏でも冷えるのは何故?

2014年7月9日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, 日々の話, 睡眠改善

台風のせいでしょうか?
昨日などあり得ない暑さで身体が参りそうでした(^^;
なのに身体は冷えるのです。

昔は冷蔵庫も無ければエアコンもありませんでした。
文明の利器が身体を冷やしています。そういう身体を
冷す環境に晒されていながら、夏場はツイツイ、
入浴はシャワーで済ます。そんな方、多いのでは?

冬場は身体を寒さから守ろうとしますので夏場のほうが
身体を冷やしてしまっています。

眠る時、足がカッカして暑くて眠れないという方
いらっしゃいませんか?以前、僕は暑くて寝られないので
シャワーで冷水を足に掛けてました。すると足が冷えて
気持ちが良いのですがその時だけ。余計にカッカします。

それは足が冷えているからカッカするのです。じっくりと
入浴をし足を暖めるようにしましょう。38~40度くらいの
お湯で20分以半身浴をすれば身体もじっくりと温まります。
これにより体温が上昇しますので体温も下がりやすくなり
寝付きも良くなります。そして、冷えた食べ物やエアコンで
冷えているお腹も温まります。

眠る時も身体を冷やします。エアコンの使用であったり
深夜から明け方に掛けて気温は低くなり自分自身の深部体温も
最も低くなります。

そこで眠る時のポイントですが

①寝具を自然素材のモノにする。

ウレタンやポリエステルの素材は吸湿性が乏しく蒸れます。
必ず眠るときに深部体温を下げて代謝を落すのですが深部体温を
下げるときにたくさんの汗をかきます。コレが吸湿しないと
蒸れるのです。今度は汗で濡れた下着やパジャマのままでいると
エアコンや深夜の低い気温に冷やされて余計に身体を冷やします。

ですからしっかりと吸湿できる自然素材の寝具が必要になります。
その中でも『麻』は接触涼感があり吸湿発散が早いので背中も
サラリとし気持ちが良いです。

②身体を冷やさない。足・お腹を温める。

夏場でも足はよく冷えます。(カッカしている場合も血流が
悪く冷えてます。お風呂でマッサージをするのもよいでしょう)

そこで夏場にもソックスを履くと良いのですが
締め付けがあると血流を阻害しますし、素材によっては
蒸れます。シルク(吸湿発散が良いので蒸れにくい)で
締め付けの殆どない作りのものを履かれることをオススメすます。
当店の場合は5本指タイプをオススメしています。足の指の汗まで
しっかりと吸収し保温性もあるからです。

もう一つは腹巻きです。冷たい食べ物や飲み物でお腹も
結構冷えていますし、エアコンや朝方の寒さからも守ってくれます。
腹巻きを使うと血行がよくなり、足の先まで血液が行き渡りやすく
なります。腹巻きと併用するのも良いでしょう。これも
蒸れにくいシルク素材で締め付けの緩いものがオススメですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

睡眠学の講習会の案内が届きました。

2014年4月11日 / 睡眠改善

僕が所属しています日本睡眠改善協議会から案内が
届きました。1つは年会費の納入。1つは研修の案内です。

睡眠改善インストラクターの認定を受けてから7年近くが
経ちましたが毎年、祇園祭の季節になると研修会が行われます。

毎年、日本の睡眠学の世界で秀でた方を講師として招いて
くださるのでとても勉強になることと、かつて睡眠は
あまり重要視されてこなかった歴史があり睡眠の研究が
盛んに行われる様になったのはごく最近のこと。面白い
研究の成果が出てくるようなのです(^^)

何年か前に研修会で教えていただいたこと。
ちょっと記憶があやふやでありますが

睡眠の前半は主に『学問系の能力が身に付く』
睡眠の後半は主に『運動などの動作系の能力が身に付く』
それは睡眠中に脳が自ずからどんどん学習していって身に
付けてくれます。なので睡眠はしっかりとる方が勉強も
運動も良い成績がとれるのです。

質の良い睡眠はただ単に勉強にとって良いのではなく
空手の形やスケートのジャンプといった動作系の記憶も
しますのでスポーツにも大変良い効果をもたらします。

勝手に脳が勉強してくれるなら一度、記憶してしまえば
それで良いのか?残念ながらそれは無理な様で何もしなければ
数日後にはどんどん忘れてしまうそうです。(^^;日々の
積み重ねと質の良い睡眠がもっとも効率的なのですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

厚生労働省から健康づくりのための睡眠指針2014

2014年4月7日 / 睡眠改善

ニュースにもなりましたが先日、厚生労働省より

『健康づくりのための睡眠指針2014』

と言う物が発表されました。まだ、僕もちゃんと
目を通してはおりませんがご興味ある方 ↓より
ダウンロードが可能です。A4サイズで87ページも
あり、相当、踏み込んでいると思います。

それだけ、近年、日本国民全体の睡眠時間の現象、
睡眠の質の悪化により健康への影響、またそれに
伴う事故、経済損失が大きいという事を反映して
いると思います。

【健康づくりのための睡眠指針2014 (平成26年3月)】 (PDF:1,020KB)


~睡眠12 箇条~

1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。
2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気に困らない程度の睡眠を。
6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
11.いつもと違う睡眠には、要注意。
12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

厚生労働省『健康づくりのための睡眠指針2014』より抜粋させて頂きました。

これは内容が濃いです、睡眠のリズムやメカニズムに関わる
事は客様とのお話の中でよくアドバイスをさせて頂く内容が
多く含まれています。

1~4などは生活習慣病やうつ病などとの関連性がある
項目で質の良い睡眠が発症リスクを低下させてくれます。

5は季節によって加齢によって変わることを言っています。
日の長い季節は睡眠時間が短くなり、日が短くなると睡眠
時間み短くなります。また加齢とともに代謝が落ちると
睡眠時間も短くなる傾向になります。

9は特に定年退職後など一線から退くことにより
社会的接点が少なくなると暮らしのメリハリが
弱くなりやすくなります。そこで起床・就寝の
リズムを保ち日中の軽い散歩などの運動がメリハリ
を付け、質の良い眠りへ繋がります。

自分の身体に合わなかったり、また、眠りの
メカニズムにそぐわない寝具は眠りの邪魔、質を
悪化させるケースがありますのでお気をつけ下さい。
なかなか、気付きにくいのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

いつまでたっても動かない時計

2014年3月29日 / 寝具のこと, 日々の話, 睡眠改善

娘が保育園から帰ってくるといつも
ジッ~と眺めているものがあります。
先日、遂にシビレを切らして僕に尋ねました。

『お父ちゃん、この時計は今、何時?いつになったら動くん?』

娘はずっとこれを時計だと思ってたんですね(^^)
言う事が可愛いもんですね(笑)

温湿度計です。今年の冬に自分の寝ている寝室の
温湿度を計測する為に購入したものです。今は店に
置いてあるのですが同じ敷地であっても全然、違います。

我が家の寝室は日当たりが悪く、1階の北側。10年程前
リフォーム工事をする時、埋炭をすると良い聞き、クズの
竹炭をたくさん買ってきて自分で掘って埋めようとしたら
水がジュワ~…。そう、湿気地なんですね(^^;

だから乾燥するはずの冬場でも湿度が80~90%なんて
ザラでした。そもそも、丹後ちりめんが育まれてきた
丹後は湿度の高い地域なのですが。

寝室内の湿度に合わせて人間は毎晩200cc以上の汗を
かきます。もし、寝床内の湿気(汗)を吸収しなければ
とても眠りにくい状態になります。冬はその水分で冷やされ
夏はその水分で背中がムンムンムレムレになるでしょう。

特に汗の70%は敷寝具へと向かいます。敷寝具が汗を吸収
してくれない素材だったら眠りにくいことは想像がつくと
思います。

枕やマットレスを自分に合ったモノにすることは勿論大事な
事ですが睡眠時の汗、湿気を吸収しまたそれを放湿する事が
出来る自然素材で出来た寝具を使うことが大切なんです。

日本は湿度も高く、四季があり、冬は氷点下になれば夏は40度
近くまで上昇するようなお国柄です。南国のように年中、タオルケット
1枚とは行きません。

ですからポリエステルやアクリル、ウレタンなどの化学的な素材では
なく吸湿・放湿に優れた自然素材の使って頂きたいんです。そして
自然素材に包まれる心地よさ。これも快適な眠りに誘ってくれるのです(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

残念ながら”枕”お売り出来ません。

2014年3月23日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, , 睡眠改善

楽に上向き寝が出来、深い眠りが出来る様に
各々に身体に合った敷寝具や枕などを調整し、
ご提案するのがえびすやが得意とするところです。

自分に合った枕を求めてご来店されるお客様も
段々と増えてきております。

しかし、中には枕をお売り(お作り)出来ない
ケースもあります。それは枕を新しくしたからと
行って眠りが改善できない場合。枕が原因でない
場合も多々としてあるのです。

そういう場合は誠に申し訳ございませんがお断り
させて頂いております。

以前、こんなケースが御座いました。

奥様にイビキが酷いと言われ、枕に原因があるのでは
と思われてのご来店でした。

確かに枕が高過ぎる場合などは気道を閉塞して
しまい、イビキの原因になります。そこで高い
枕を疑いましたがどうもそうではなさそうです。
実際に調整をしてみると普段、使っている枕と
高さはあまり変わらないとの事…。

会話を重ねているとこんなことを仰られました。

『途中に目が覚めたり、朝早くに目が覚めるんです…。』

イビキと中途覚醒・早朝覚醒が起こるケースと
言うのは”寝酒”をしている場合に多いのです。
お尋ねしますと入浴後から就寝までの間に飲酒を
される事がココ最近、続いているとの事でした。

そこで枕を作られる前に一度、入浴後から就寝までの
間の飲酒を控えて頂く様にお願いをしました。枕は
その次のお話になるからです。

就寝前の飲酒は眠気を誘い、寝付きはよくなります。
ただし、アルコールの影響で気道が狭くなりイビキを
かきやすくなり、睡眠の後半部分の睡眠段階3~4を
(睡眠段階3~4は深い眠りの部分にあたります)
減少させてしまい、アルコール血中濃度が下がる時に
覚醒しやすくなります。

と言う事は睡眠の質と量ともに悪くなってしまうのです。
また、睡眠時無呼吸症候群を生じやすくなったり、
寝酒を習慣としているとアルコール依存症にかかる原因に
なりかねません。日本睡眠学会も警鐘をならしています。

眠りにくい場合、枕に原因を持って行ってしまう場合が
ありますが必ずしも枕だけに原因がある訳ではありません。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK