カテゴリー「丹波の神社」の記事

新たな歴史の幕開け『篠村八幡宮』

2015年6月13日 / 丹後の歴史, 丹波の神社, 神社・歴史

京都縦貫道の篠ICから車で数分の所に
歴史のターニングポイントとなった場所があります。

篠村八幡宮。
そこは室町幕府初代将軍、足利尊氏が
鎌倉幕府倒幕の挙兵をした場所です。やはり戦の神が
祀られる神社を尊氏は選んだのかもしれません。
歴史も古く承久3年に源頼義が羽曳野にある誉田八幡宮から
勧請し創建したのが始まりです。誉田八幡宮は応神天皇陵の
すぐそばにあります。?

境内をずっと見回してみると境内社がありました。そこに気になる境内社が

最後の飛瀧峯社(ひろほうしゃ)の祭神はなんと鮭なんですよね!
恐らくこれは由良川流域に伝わる黄金の鮭伝説と関係していると思います。

大原神社には大原大神この地に御遷座の時、神社の前にある川淵の
そこに鮭が現れてこの地への遷座を願ったそうです。そして、
住み続け数千年、神体山を守り続けたそうです。

そして、大川神社の神は冠島から黄金の鮭に乗った神が右手に五穀の種、
左手に蚕携えてやってきたのです。

この2つの伝説は元は一つの話だったのかもしれません。
飛瀧峯社は大原神社にもありますので同じ丹波ですから、勧請されて
篠村八幡宮にやってきのかも?しれませんね。?

御祭神 誉田別尊
京都府亀岡市篠町篠八幡裏4  旧村社 篠村八幡宮

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

神を救った巨岩伝説『阿蛇岡神社』

2015年5月18日 / 丹波の神社, 神社・歴史

氷上の田園の中にはとある延喜式内社阿蛇岡神社があります。
卿や武家の崇敬が厚く、明治維新の元勲、岩倉具視は自筆の神号を奉納しています。

神社に行くと必ずすること。
本殿を参拝後、裏手に回ります。そこにおっ!と
思わせるようなものが結構あったりするんです。 ここにもありました。

これ、絶対に何かある磐座ですよ!明治神宮の
遥拝所も兼ねてるんでしょうか?あとで調べてみると・・・。

阿蛇岡神社には神を救った巨岩伝説というのがあります。
伝承によるとこの辺りで大洪水が起こり、神(木花咲耶姫)が
濁流に流されてしまったがこの岩に掴まり、助かったとか・・・。

木花咲耶姫の別名は神吾田鹿葦津比賣命 (カミアタカアシツ ヒメノミコト)と言います。
阿蛇岡神社の”阿蛇(アダ)”は吾田(アタ)から来ているのでしょう。
九州の薩摩半島に”薩摩隼人”と呼ばれる 部族がいたのですが別名、吾田隼人。
木花咲耶姫を薩摩隼人は祀っていたんですね。で、この辺りの神社で
日下部氏に関係してそうな神社に出会うのですが調べてみると日下部氏は
薩摩隼人の末裔にあたるそうだ。

日下部氏は但馬国造で丹後にも影響力を持っていた一族。雄略天皇から丹後へ
逃げてきた億計王・弘計王を匿ったのも日下部氏。丹後・丹波・但馬で
きっと大きな力を持っていたのでしょう!日下部氏。

御祭神:吾田鹿葦津比賣命
兵庫県丹波市春日町多利2467-1  延喜式式内社  阿蛇岡神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

『稗田野といえば稗田阿礼?』?田野神社

2015年4月23日 / 丹波の神社, 神社・歴史

稗田野と言えば稗田阿礼が思い浮かびます。
稗田阿礼(ひえだのあれ)は天武天皇に命じられ
古事記編さん大きく関わった人物であり稗田氏は
猿女君と同族でアマノウズメを始祖としています。

どうやら癌封じ、婦人病にご利益があると言われる有名な神社だそうです

茅の輪くぐりではなく石の輪くぐり。
全体的にテーマパークっぽくいろんなパワースポットが
境内内に点在しており、稗田阿礼の雰囲気が感じません。

祭神も保食神、大山祇神、野椎神…。稗田阿礼がいません。
神社の起こりは相当古いようで3000年前にはこの辺りに人が住み付き
この社殿の裏で弥生期に祭祀が行われていたそうです。そう言われると
この裏手の鎮守の杜と言いますか盛土は空気感が全然、違います。
厳かな雰囲気が漂っています。神社の創建は709年。丹後建国(丹波国解体の4年前)
この辺りの古社の創建はこの前後が多いですね。

掘れば何か出てくるんじゃないでしょうか(^^;

稗田阿礼は関係なかったのか…と思っていたら
少し離れた所に稗田阿礼が祀られているお社が!

祀られたのは最近のようですが
この付近に稗田阿礼が住んでいたという伝承は残ってるそうです。
ただし、それ以上はよくわからず(><)

御祭神:保食神、大山祇神、野椎神

京都府亀岡市稗田野町佐伯垣内亦1  式内社 ?田野神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

『神と対話が出来そうな神社』内尾神社

2015年2月26日 / 丹波の神社, 神社・歴史

タイトルは大層な事を書きましたがそれだけ
静寂に包まれとても雰囲気の良い場だと言うことです。
鳥居をくぐり神域に足を踏み入れると背筋が伸びます




参道の両脇に立つ真っ直ぐに伸びる杉は
みな大層立派で、歩くたびに砂利を踏む音が響きます。

手水舎で清め

市指定、杉のご神木。
樹齢600年の杉の幹は凄く太いです。大人なら
5人くらいで手を繋がないと囲えないかと思います。

さて、いよいよ拝殿へという時に…。

『スマホの電池切れ!(><)』

車載充電器はダメですね!もっと勢い良く
充電してくれなきゃ…。この先の写真はありません(-_-;

内尾神社は大登ヶ峰に鎮座していたものを 天平五年現地に移し、
兵火に襲われ文治元年源頼朝の土地の寄進により現在地に
移ったとか。元々は山伏が祀った小さな祠が始まりです。
調べてみましたが詳しいことはあまり解りません。。。

僕の写真ではその雰囲気は伝わりにくいかと思いますが
是非、一度ご参拝下さい。神聖な雰囲気が十分に感じられます。

御祭神 応神天皇 天児屋根命

兵庫県丹波市氷上町三原  内尾神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

『威風堂々、古社の風格』摩気神社

2015年2月12日 / 丹波の神社, 神社・歴史

最近、大阪や京都へ行く用事がある時は時間が許す限り
丹波の神社足を伸ばすようにしております。古い良き神社が
沢山あるからです。皆様も是非、どうぞ(^^)

今回、お邪魔したのは南丹市園部町にある摩気神社。名神大社です。
良くわからないですが主祭神は大御饌津彦命 (おおみけつひこのみこと)
となっていますが御食津神(みけつのかみ)と同一神ではないかと
思います。御食津神は天児屋命(あめのこやねのみこと)の子で
宮中八神の一柱で食物神となるのですが…。

摩気神社に祀られる大御饌津彦命は天忍雲根神 (あめのおしくもねのかみ)と
同一神になるそうだ。邇邇藝命 (ににぎのみこと)と一緒に降臨してきたと。



神門はとても迫力がありますね!


境内に竈があったのですが祭事に使われたのでしょうか?

拝殿、神殿ともに茅葺きです!これは見応えがありますね。
1つ気になるのが拝殿の屋根の上部なのですがこの近辺の家の
屋根が皆(現代建築ではなく古民家。古民家が多い)この形に
なっていました。これは摩気神社となにか関連性があるんでしょうか?

大御饌津彦命が真ん中で西摂社・東摂社には多くの神様が
祀られています。摩気郡十一ヶ村の総鎮守たる所以でしょう。
ここでもう1つ気になるのが社殿が北面する丹波国唯一の神社
だそうです。さて、北面というのは何処を向いてるのでしょう?

同じ食物神である豊受大神が祀られ、瓊々杵命と五伴緒の
天児屋根命、天太玉命も祀られる比沼麻奈為神社!でも北西で
真北じゃありません。北といってもどの北??

ちなみに真北を辿ってみると…。
冠島の老人嶋神社にぶつかるじゃないですか( ゚д゚)ハッ!
出口王仁三郎の大本教や籠神社のルーツですね。。。
う~ん。

※後から詳しい人に聞いてみると北極星を向いてるんじゃないか?と

御祭神  大御饌津彦命
京都府南丹市園部町竹井宮ノ谷3  神名大社 摩気神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK