カテゴリー「えびすやにあるもの」の記事

こたつふとん第二陣

2014年10月1日 / えびすやにあるもの, その他

今日から10月になりました。
今朝ほど、嫁さんにこたつふとん出しといてね!と
お願いされました。今日から制服も衣替えですね。
今日から秋本番といったところでしょう!

こたつふとん第二陣が入荷致しました。
加工をお願いしている工場もフル稼働のようです(^^)

先程、別注サイズ(ご要望のサイズでお仕立てします)のご注文分は
納品させていただきましたのでこちらは店頭の在庫分になりますね。
最近は色んなこたつのサイズがありますので別注させて戴くことも多いです。

えびすやはポリエステル綿100%のこたつふとんは販売していません。
綿がよく縮みますし、保温性も弱く、綿がペタンコになりやすいです。
混綿50%~綿100%でお仕立てしております。側地はもちろん綿100%
暖かくて心地よい綿わたを使ったこたつふとんは心地よくオススメです。

さてさて、真ん中の麻の葉の文様のこたつふとん
これ、僕自身かなり気に入っております。何故って?
えびすやのこたつふとんだからというのは勿論として(笑)
文様が好きだからです。

麻とは大麻の事で大麻の葉を意匠化したものです。
着物の柄によく使われたりしますよね。

戦前までは日本でも日本各地で栽培されており紀元前に
はすでに栽培されていたようですし魏志倭人伝に麻に
関する記述があるとか。

蚊帳と言えば今はナイロン製のものが多いですが元々は麻です。
奈良時代に入ってきた蚊帳を近江商人が麻で作り、日本中に
販売してきました。

神社の注連縄や鈴縄、御幣なんか麻です。麻は古来より神聖な
モノとして扱われているわけです。神社に参拝された時に
ちょっと注意して見て下さい。

僕は夏になると麻の5本指ソックスを履いておりますが
涼しく、踏ん張りも効き、丈夫な素材ですね!

繊維だけじゃなく、紙、油、食料、薬、バイオ燃料や
バイオプラスティック…。いろんな使い道がある優秀な
植物資源なのです。

薬物、怖いといったイメージが有りますがそういった面
だけはなく麻は古来より日本人が大切にしてきた植物なんですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

柔らかくてふわふわのタオル

2014年9月27日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨

仲良くしてくれてるお友達がブログで紹介してくれたので
こちらでもご紹介をさせて頂こうかと(^^ゞ

きっと彼女のほうが僕より上手な説明だと思いますので
宜しければ覗いてみてください。丹後ネタ満載です( ̄ー ̄)ニヤリ

京丹後へおいでよ~母ちゃんのブログ~

さてさて、母ちゃんが紹介してくれたのはえびすやが
タオル産地の今治で作って貰っているこだわりのタオルです。

吸水性の高い良質な綿使って特殊な加工を施し、糸の中を中空にし
更に吸水性を良くした糸を使って織られています。なので風合いが
柔らかく、軽く、ふんわりとしています。

タオルの製造に使われるアルカリ精錬剤、柔軟剤といったものは
一切使わず天然水で石けんと天然のオイルを使って丁寧に何度も
洗いあげております。染色も一切なしで白のみの無添加です。

肌を擦って水を吸い取るのではなく、肌にタオルを当てるだけで
スーッと吸収します。なので一番最初の出会いは長男が生まれて
湯上げタオルに使った時にビックリしました。

なので肌が弱い方も安心してお使い頂くことが出来ます(^^)
出来れば、洗う時も石けんで洗って頂きたいなと思います。
フワッとした洗いあがりになります。そして、洗濯を繰り返しても
硬くなりません。柔軟剤を使わなくても柔らかいです。柔軟剤を
使うと吸湿、吸水が悪くなってしまいます。

ついでにタオルをふんわりとさせる方法をご紹介します。

干す時にこんな感じでタオルの四隅を摘み
パタパタと何度もはたいて下さい。すると寝ていた
パイルが起き上がり何もしないよりもタオルが
ふんわりとします。お試し下さい。(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

車を眺めながら頬張る。

2014年9月24日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, 羽毛製品

昨日、店で季節商品の展示する棚を作っていると…

ばあちゃんと買い物から帰ってきた娘が
店の前に座ったままで動かない。買い物先で
貰ったお菓子を一人で食べてます。

その理由を尋ねてみると…。
お兄ちゃんに見つかると取られてしまう可能性が
あるので先に全部食べてしまう魂胆だそうだ。
成長とともに段々と知恵が働くようになってきました(笑)

さて、その季節商品というのは

純銅製の湯たんぽ

取り扱い始めて結構、長くなります。取り扱い前から
我が家でも2台愛用し、10年近く経つかと思います。
母と嫁が使っております。重厚な作りで耐久性があります。

特徴は銅の湯たんぽは冷えにくく、朝になってもまだ
ホコホコとしており、暖かさの持続性があります。
そして、電気アンカの暖かさと比べると温もりが柔らかい。
優しい感じがします。

羽毛のソックス

これも、オススメですね。冷え性の母は湯たんぽとダブルで
使っております(^^;寒くなると靴下を重ね履きして眠られる
方がいらっしゃいますが逆効果です。締め付けにより血流が
悪くなる事と汗がこもり冷えてしまうこと。

この羽毛のソックスはゆる~く作られています。もし、
温まり不要であれば無意識のうちにキュキュと足をこすり
脱げるくらいの緩さです。保温性の高いダウンを使って
いますのでホコホコとします。

足が冷えていると寝付きが悪くなります。
ウトウトとしている子供の足を触ってみてください。
必ず温かいはずです。これは足先から放熱が進み
身体の深部体温を下げて代謝を落とし眠る準備が
整っている状態です。

しかし…。
冷えているとそうはなりません。ですので足を温めて
やると良いんです。同時に腹巻きをするのも良いですね。
(シルクなどの自然素材のもの)

そして、当店では電気毛布などの加温する寝具は
オススメしておりません。あくまでも自分の持っている
力と自然素材の温もりや保温力で温まる事が大事です。

電気毛布には電磁波の問題、体温を下げるべき時に加温により
体温が下がらず脳や体の休息が得られない。質の良い眠りが
出来ません。体温が下がらないので心拍数も下がらず心臓への
負担も掛かります。。。

自然な眠りをしてくださいね。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

家訓を反故にする。

2014年9月18日 / えびすやにあるもの, 羽毛製品

えびすやのウィンドウはオジイ殿、オヤジ殿の
代々の方針によりあまりデカデカと厚かましいPRを
しないようにしておりました。

ところがです。羽毛リフレッシュのタペストリーを
送ってもらったところ・・・


デカすぎる(゚д゚)!

 

ここまで大きいとは思っておりませんでした(笑)
そして、大きい分だけ結構いい値段するんですよ。
ショウウィンドウの1/3が埋まりました。
ディスプレイや店内が見えませんね…(^^;

その代わり、ムチャムチャ目立ちます。
えびすやの向かいは銀行さんの駐車場出口。
これで売上うなぎのぼり~( ̄ー ̄)ニヤリ

となれば良いのですが…

あと、西日がキツイのでどれだけ持つかも
気になるところです。。。

さてさて、羽毛ふとんのリフレッシュのお話です。
長年使い続けて、元気のなくなってきた
羽毛ふとんを再生させるのが羽毛リフレッシュ。

当店では四角四面に規格通りに羽毛ふとんのリフレッシュを
させて貰っているわけではありません。お預かりした
羽毛ふとんの状態を見ながら、お客様の要望を
お聞きしながら羽毛ふとんのリフレッシュをします。

状況を見てと言う事は何でもかんでも羽毛リフレッシュを
しないと言うことです。羽毛の状態や品質が悪い場合は
お断りをします。なぜならあまり良い仕上がりには
ならないからです。新しいものを買った方が良い場合も
あります。

先日、出来上がってきた”リフレッシュ”は特大サイズです。
キングロング(230x210cm)よりもさらにココから
お客様の身長を考慮して+10cm、マスを標準より増やしています。
あと、現状では使い難いであろと思われる部分をお話し、
改良しています。

羽毛リフレッシュは中身を自分の目で確認しています。
それを長年続けていると、この羽毛をリフレッシュすると
どんな感じになるかが徐々に解る様になってきます。

また、色んなメーカーさんの羽毛ふとんをお預かり
させてもらいますので中身を見る機会があります。
するとメーカーさんの姿勢というのも見えてきますね。

羽毛ふとんの温かみが無くなってきたなぁ…とお感じに
なられたら羽毛ふとんのリフレッシュをおすすめします。
今なら、今冬に間に合うかと思います。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: ,

よいとこ取りの毛布

2014年9月17日 / えびすやにあるもの, ケット・パット

かれこれ、10年は経つかと思いますが
当店ではアクリル毛布は基本的に販売していません。

それは吸湿性が無いからです。毎晩、約コップ1杯(200cc)
の汗をかくと言われています。冬でもかきます。
アクリルですと汗を吸収しないので寝床内に汗が
こもります。アクリルの敷パットを併用していると
完全に湿気の逃げる場所がありませんね。寝床内の
湿度は飽和状態になり、パジャマは寝汗でベトついたり
室内の気温が下がると外気によって冷やされるので
寝床内は寒くなります。

触り心地や柔らかさは一見良さそうなのですが…
アクリル毛布や敷パットは辞めましょう!

となると毛布の素材となれば綿、ウール、シルク…
などの自然素材の毛布になるわけですがもう販売し始めて
7年程になる手軽で心地よい毛布があります。

中身は良質な英国産のウール100%。側地は柔らかい
綿100%のスムース。肌触りは物凄く柔らかくあたりも
good!中身はウールなので保温力もgood!そして、
結構、軽く重さをあまり感じません(^^)
綿の良い所とウールの良い所のハイブリッド毛布ですね(^^)
ウールなので気遣いは必要ですがご家庭でも洗えます。

掛ふとんの下に1枚挟めば保温力がグッと上がります。
仕事柄いろんな寝具を試しますがこれは使い心地いいですね!

今年のアクリルの毛布や敷パットから卒業して心地良い
自然素材に包まれて眠りましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK