カテゴリー「えびすやにあるもの」の記事

車を眺めながら頬張る。

2014年9月24日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, 羽毛製品

昨日、店で季節商品の展示する棚を作っていると…

ばあちゃんと買い物から帰ってきた娘が
店の前に座ったままで動かない。買い物先で
貰ったお菓子を一人で食べてます。

その理由を尋ねてみると…。
お兄ちゃんに見つかると取られてしまう可能性が
あるので先に全部食べてしまう魂胆だそうだ。
成長とともに段々と知恵が働くようになってきました(笑)

さて、その季節商品というのは

純銅製の湯たんぽ

取り扱い始めて結構、長くなります。取り扱い前から
我が家でも2台愛用し、10年近く経つかと思います。
母と嫁が使っております。重厚な作りで耐久性があります。

特徴は銅の湯たんぽは冷えにくく、朝になってもまだ
ホコホコとしており、暖かさの持続性があります。
そして、電気アンカの暖かさと比べると温もりが柔らかい。
優しい感じがします。

羽毛のソックス

これも、オススメですね。冷え性の母は湯たんぽとダブルで
使っております(^^;寒くなると靴下を重ね履きして眠られる
方がいらっしゃいますが逆効果です。締め付けにより血流が
悪くなる事と汗がこもり冷えてしまうこと。

この羽毛のソックスはゆる~く作られています。もし、
温まり不要であれば無意識のうちにキュキュと足をこすり
脱げるくらいの緩さです。保温性の高いダウンを使って
いますのでホコホコとします。

足が冷えていると寝付きが悪くなります。
ウトウトとしている子供の足を触ってみてください。
必ず温かいはずです。これは足先から放熱が進み
身体の深部体温を下げて代謝を落とし眠る準備が
整っている状態です。

しかし…。
冷えているとそうはなりません。ですので足を温めて
やると良いんです。同時に腹巻きをするのも良いですね。
(シルクなどの自然素材のもの)

そして、当店では電気毛布などの加温する寝具は
オススメしておりません。あくまでも自分の持っている
力と自然素材の温もりや保温力で温まる事が大事です。

電気毛布には電磁波の問題、体温を下げるべき時に加温により
体温が下がらず脳や体の休息が得られない。質の良い眠りが
出来ません。体温が下がらないので心拍数も下がらず心臓への
負担も掛かります。。。

自然な眠りをしてくださいね。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

家訓を反故にする。

2014年9月18日 / えびすやにあるもの, 羽毛製品

えびすやのウィンドウはオジイ殿、オヤジ殿の
代々の方針によりあまりデカデカと厚かましいPRを
しないようにしておりました。

ところがです。羽毛リフレッシュのタペストリーを
送ってもらったところ・・・


デカすぎる(゚д゚)!

 

ここまで大きいとは思っておりませんでした(笑)
そして、大きい分だけ結構いい値段するんですよ。
ショウウィンドウの1/3が埋まりました。
ディスプレイや店内が見えませんね…(^^;

その代わり、ムチャムチャ目立ちます。
えびすやの向かいは銀行さんの駐車場出口。
これで売上うなぎのぼり~( ̄ー ̄)ニヤリ

となれば良いのですが…

あと、西日がキツイのでどれだけ持つかも
気になるところです。。。

さてさて、羽毛ふとんのリフレッシュのお話です。
長年使い続けて、元気のなくなってきた
羽毛ふとんを再生させるのが羽毛リフレッシュ。

当店では四角四面に規格通りに羽毛ふとんのリフレッシュを
させて貰っているわけではありません。お預かりした
羽毛ふとんの状態を見ながら、お客様の要望を
お聞きしながら羽毛ふとんのリフレッシュをします。

状況を見てと言う事は何でもかんでも羽毛リフレッシュを
しないと言うことです。羽毛の状態や品質が悪い場合は
お断りをします。なぜならあまり良い仕上がりには
ならないからです。新しいものを買った方が良い場合も
あります。

先日、出来上がってきた”リフレッシュ”は特大サイズです。
キングロング(230x210cm)よりもさらにココから
お客様の身長を考慮して+10cm、マスを標準より増やしています。
あと、現状では使い難いであろと思われる部分をお話し、
改良しています。

羽毛リフレッシュは中身を自分の目で確認しています。
それを長年続けていると、この羽毛をリフレッシュすると
どんな感じになるかが徐々に解る様になってきます。

また、色んなメーカーさんの羽毛ふとんをお預かり
させてもらいますので中身を見る機会があります。
するとメーカーさんの姿勢というのも見えてきますね。

羽毛ふとんの温かみが無くなってきたなぁ…とお感じに
なられたら羽毛ふとんのリフレッシュをおすすめします。
今なら、今冬に間に合うかと思います。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: ,

よいとこ取りの毛布

2014年9月17日 / えびすやにあるもの, ケット・パット

かれこれ、10年は経つかと思いますが
当店ではアクリル毛布は基本的に販売していません。

それは吸湿性が無いからです。毎晩、約コップ1杯(200cc)
の汗をかくと言われています。冬でもかきます。
アクリルですと汗を吸収しないので寝床内に汗が
こもります。アクリルの敷パットを併用していると
完全に湿気の逃げる場所がありませんね。寝床内の
湿度は飽和状態になり、パジャマは寝汗でベトついたり
室内の気温が下がると外気によって冷やされるので
寝床内は寒くなります。

触り心地や柔らかさは一見良さそうなのですが…
アクリル毛布や敷パットは辞めましょう!

となると毛布の素材となれば綿、ウール、シルク…
などの自然素材の毛布になるわけですがもう販売し始めて
7年程になる手軽で心地よい毛布があります。

中身は良質な英国産のウール100%。側地は柔らかい
綿100%のスムース。肌触りは物凄く柔らかくあたりも
good!中身はウールなので保温力もgood!そして、
結構、軽く重さをあまり感じません(^^)
綿の良い所とウールの良い所のハイブリッド毛布ですね(^^)
ウールなので気遣いは必要ですがご家庭でも洗えます。

掛ふとんの下に1枚挟めば保温力がグッと上がります。
仕事柄いろんな寝具を試しますがこれは使い心地いいですね!

今年のアクリルの毛布や敷パットから卒業して心地良い
自然素材に包まれて眠りましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

敷ふとんに裏に生える黒カビ・・・

2014年9月10日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス, 寝具のこと

これは何に見えますか?

これはふとんに生やしてしまったカビです。
側生地が破れてますよね。これはオックスフォードという
かなり丈夫な織りの生地なのですが破れてしまってます。

カビが生えると黒い斑点がポツポツとしだします。
これは生地を侵食した跡ですので生地が弱っています。
このまま、使い続けますとこんな感じで破れます。

なので生地がかなり侵食した状態でクリーニングを
してしまうと側地の破れの原因になってしまいます。
ですのでカビに気がついたら早めにクリーニングを
した方が良いですね。

ただし、するのは水洗いです。

布団からカビの胞子を綺麗に除去することが出来ます。
カビの生えた状態の布団で眠るのは健康上、良いとは
言えません。こんどはダニの発生原因に繋がります。
これらはアレルゲンとなります。

敷ふとんにカビを生やす原因は結露です。フローリングの
上に直接敷いていたり、敷きっぱなし・・・。また湿気の
逃げ場がなく水分が溜まり外気に冷やされる形で冬場に
多く発生します。

ポリエステルやウレタンなどは結露しやすいです。
えびすやでは自然素材の敷寝具と湿気を逃がす構造の
マットレスとの2枚敷をオススメしています。

例えばこんな感じの立体構造になったマットレスは
湿気を逃がしやすくなっています。万が一汚しても
水洗いが出来て、軽くて扱いやすいのが特徴。

うちの寝室は1回で北側。湿気が多いので
このマットレスを敷いて敷きっぱなしにしてみました。
よーく、吸湿してくれて結露を防ぎました。

2枚敷の利点は

◯湿気を逃しやすい。
◯圧が分散されて敷寝具が長持ちする
◯クッション性が出る(これは様々ですが)

ただ、僕はウレタン系の素材はオススメしていません。
結露しやすい事(カビも生えやすい)とヘタリが早い
ものが多いように感じます。

丹後の冬は湿度が高く、結露しやすいので気をつけましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ぼちぼち秋支度の続き

2014年9月7日 / えびすやにあるもの, その他

もう、夏物なんて置いてても売れるわけが
ないですね(笑)昨日は更に入れ替え、あと残すは
2割程度になりました。

冬物の寝具で一番嵩張るのが

『こたつふとん』

こたつふとんって寝具なのかな?(^^;
ついつい、うたた寝をしちゃう場所なので
寝具ということにしておきましょう…

都会の方ではお話を伺うとこたつを使う
ご家庭が段々と少なくなっているとか…?
しかし、田舎ではこれが無いとキマリませんね!
こたつに入っての”鍋”、”半纏を着てみかん”
いいじゃないですか~!(^^)

少しづつですがメーカーさんにお願いしている
こたつ布団が本格的な秋に向けて入荷しています。

えびすやに置いてるこたつ布団は側地は綿100%
中わたは市販品に多い、ポリエステル100%ではなく
50%混綿~綿100%で仕上げています。そして、
大きさも通常よりも大きめにお作りしています。
余裕が無い大きさですと少し引っ張っただけで
向こう側に隙間ができ、熱が逃げてしまいます(^^;

ポリエステル綿はヘタりやすい、そしてよく縮みます。
そして、保温性も綿の方があるので熱を逃がしにくい。
そして、身体に馴染みしっくりと来るのも綿ですね。
ですので当店では綿100%、混綿を使用して仕上げて
いるのです。

こたつというのは実にサイズが多く
正方形:75×75、80×80、90×90…
長方形:75×105、80×120…
コレ以外にもサイズは色々とあり、最近は
大工さんに特注される方もいらっしゃいます。
また、こたつの高さを高くしたり…

そうすると必要なサイズが無かったり、ピタッと
合わない。そんなケースが出てきます。えびすやの
こたつふとんは大量生産品の市販品とは異なり、
国内の工場で1枚づつ作って頂いてますので別注が出来ます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK