カテゴリー「えびすやにあるもの」の記事

どうしても気になること

2015年3月23日 / えびすやにあるもの, お知らせ, パジャマ

昨日、発注していたパジャマの第二弾が入荷しました。



ラックはもう一杯でですしハンガーが足りなくなりました(^^;

店頭も飾りました。

在庫を保管するラックも一杯でまだ整理しきれてません(^^;

今年はパジャマの在庫を大幅に増やしました( ̄ー ̄)ニヤリ
どちらかと言えばパジャマは昔に比べ段々と売れなくなり
メーカーさんも減少傾向だと思います。なので効率を考えると
在庫も少なくした方が良いのかもしれませんが…。

お客様とお話していると最近、ちゃんとしたパジャマを使ってる人が
減ってきてる様な感じがします。

この冬であれば、フリースやアクリルのモコモコしたものや
吸湿発熱繊維で出来たシャツを重ね着したりと…石油系の化学繊維で
出来たパジャマを着用されてる方が多いんです。

静電気が発生しやすい。吸湿性が殆ど無いので蒸れやすい。
寝汗を書きやすく冷える。寝返りがうちにくい(寝起きに身体が
だるい)…。問題点が多いんです。

理想的なパジャマと言うのは、寝返りが打ちやすく、通気性、吸湿性が良い。
身体によく馴染む自然素材です。寝ている時は自分で思っている以上に
汗をかいています。それを逃がす事が快適に眠る上で重要な要素です。
蒸れて汗がこもり水分が残ることが冷えに繋がります。また、夏場に
着るTシャツも案外と汗がこもりやすかったりします。

せっかく、良い寝具を使っていたとしても肌に一番近部分がダメだと
ふとんの良さも生かされませんし、分厚く、モコモコとしたパジャマを
着たり何枚も重ね着をしたりするのは寝具が暖かくないのではないか?
と感じたりします。

心地よい眠りはパジャマから!

と言っても過言ではありません。皆さん、睡眠はとても大事だと
言う事はよくご存じです。しかし、良い睡眠をするには寝具の事も
ちゃんと考えないと行けません。寝具が睡眠の足を引っ張っている
ケースが多々としてあります。パジャマも重要なんです。

えびすやのパジャマの特徴は

◯天然素材であること(吸湿性、汗を吸収する)
◯ゆったりとした作りであること(通気性、汗を逃がす)
◯丁寧なつくり

素材も同じ綿であっても楊柳、ダブルガーゼ、ワッシャー…
麻混、麻、襟付き、襟なし、七部袖、半袖…様々な
タイプをご用意しております。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

羽毛ふとんの中身

2015年3月20日 / えびすやにあるもの, 羽毛製品

羽毛ふとんの中身って見たことがありますか?

羽毛ふとんのリフレッシュと言いまして、古い羽毛ふとんを
預かり、中身を取り出して除塵、洗浄、ふっくらと乾燥させ
目減りした分を新しい羽毛を足してから新しい側地に入れて
作りなおすことが出来ます。

一枚一枚、中身を取り出し確認しております。と言うのも
人それぞれ、手入れの仕方も違えば、汗の書き方も違う、
例え同じものを同じ時にご夫婦で使い出したとしても
劣化の仕方が全然違います。

ですから、一枚一枚中身を確認し、どんな質の羽毛が
使われているのか?劣化や汚れの度合を確認し、足し羽毛
の量を変えたり、また、使う人が使いやすいように仕立て
直す時点で買った時に作りを変える(生地の質やマス目や
マチ、サイズなど)事もします。

僕のこの羽毛の見立てでは元の羽毛は質が良いのですが
劣化がかなり進んでいてファイバー(羽毛が千切れたもの)、
夾雑物(ゴミや埃)が目立ち、ピリング(羽毛の絡み)が多く
羽毛が汗でかなりベタついています。リフレッシュをしても
あまり良い仕上がりにならないのでは?と感じました。

えびすやのリフレッシュは、工場へ丸投げはせず、
自分で羽毛を見て工場の方と相談や気になる点など確認を
しながら一枚一枚、リフレッシュをしてもらっていますので
判断に悩んだり手間の掛かる事がありますが出来るだけ
良い仕上がりでお届けしたいと思っております。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

サクラサク

2015年3月15日 / えびすやにあるもの, その他, 日々の話

えびすやのウインドウに桜が咲きました(^^)

2015年の桜開花予想では丹後に桜さが咲くのは10日以上
先の話になりそうですが一足先に先取りしました(^^)

店頭には保育園の”お昼寝布団”を飾っております。
えびすやは市販品の様なポリエステル製ではありません。
めん綿を使った自然素材の暖かみを感じるお昼寝ふとんです。
えびすやの願いは石油から作られたものではなく
リラックスし、心も体も疲れから開放される”眠り”の
時間くらい自然素材につつまれて欲しいと思います。

残りも少なくなってきましたが冬物のパジャマバーゲンも
しております。(^^)もちろん、フリースやアクリルではなく
自然素材のパジャマです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

西日はキツイ!(><)

2015年3月2日 / えびすやにあるもの, らくだの敷きふとん, 日々の話

最近気がついたのですが店の照明をLEDに交換したら
製品の焼けがなくなった気がしてたので調べてみたら
やはりそういう効果があるようですね。

ただし…。
西日は結構キツくポップ等を貼っていると焼けて
どんどん色褪せてくるんですね。前々から気になってた
ポスターを重い腰を上げて作りなおしました(^^;

焼けて色が薄くなってたので濃くなり見栄えが
良くなりました(^^)素人ですのでこれくらいで精一杯ですが(笑)

これ、うちのお店で一番いい敷ふとんです。ここに
書いてあるようになかなかヘタらず洗えばフカっと回復します。

えびすやはこのらくだの敷ふとんをえらく気に入ってますので
洗濯時にどう洗えばらくだの風合いを活かし縮みなく洗えるか
試験して2枚失敗してしまいました(^^;その甲斐もあって物凄く
いい感じに洗えます。使うのは合成洗剤ではなくもちろん
シャボン玉石けんで洗っております。そうこうして10年以上
使っておりますが側生地がシッカリしてるのでまだ敗れる気配が
ありません。

具合の良さというのはコシが強いので寝姿勢を維持しやすいこと。
吸放湿性に優れているので寝床内に湿気がこもらない確かウールの
2倍優れていたと思います。以前、台風の被害に合われたお客様から
『らくだの敷ふとんベチョベチョだけどどうしよう…』とお電話を
頂きましたがベッドなどはなかなか湿気が抜けなかったのも関わらず
このらくだの敷ふとんはスカッ!ととても早く乾いたそうです。

もちろん保温性にも優れます-40度近くにまで寒くなるモンゴル砂漠で
育ったらくだの毛です。寒い土地で育った獣毛は身体を守る為に
保温性も高くなるのですね

ホントにこのらくだの敷ふとんは優れものです。(^^)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

半分に折って半分に折って

2015年3月1日 / えびすやにあるもの, カバーリング

座布団を半分に折って更に折ってコタツで
少しごろ寝をするのが好きなんです。そんな人
結構多いんじゃないでしょうか?もちろん
こんなので一晩眠るなんてのはダメですよ(^^;

そういう事もあって座布団の感触ろカバーの
肌触りなんかは気になります。やはり、中身の綿は
キッチリと綿わたが入れてあり、カバーも綿100%で
シッカリ目の生地で仕立ててあるものがいいですね。
ポリエステル混紡の生地は毛玉と言うか毛羽立ち、
感触もどうもしっくりきませんね。


えびすやは自分の気に入った生地でえびすやの
思う縫製をして欲しいので職人さんにお願いして
座布団カバーを作ってもらってます。(^^)
今回はシンプルに生成りの生地で仕立ててもらいました。
縫製・生地がシッカリしていると長持ちしますね。

これは好みですが糊付けすると長持ちして
汚れにくくなります。ただし、手間が掛かりますが

汚れても糊と一緒に汚れを落としてくれますから(^^)
僕は好きですがザラザラとした感じがお好きでない人も
いらっしゃるかもしれませんね

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM9:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


アーカイブ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK