カテゴリー「麻パット・ケット」の記事

制作事例No.19『シンプルな赤ちゃんのふとん』

2017年6月24日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 麻パット・ケット

今回も赤ちゃんのおふとんです。
最近の若い方達はシンプルなものを好まれる方が
多いような気がします。僕自身も柄があるよりも
無地の方が好きです。えびすやのオリジナル製品は
ほぼ100%生成り生地を使用してます。

 

掛けふとん、夏に向けての肌掛けふとん、
しっかりとした敷ふとんの三点です。

2089

 

インド綿100%の綿でシッカリ目に仕立ててます。
市販品はほぼポリエステル綿、ポリエステルの硬綿
ウレタンなどが使われていますが職人さんが作る
昔ながらのふとんは綿わたを使います。

 

綿を縦横縦横と積層にし中央部がこんもりとした
かまぼこ型に仕立てていきます。これは化学素材
で出来た寝具とは異なる寝心地、吸湿発散の良さが
あります。赤ちゃんは眠る事が仕事ですから
汗もあの小さな体でじゃんじゃんかきます。
汗を吸収出来ない化学素材では赤ちゃんは
寝辛いのです。ふとんに寝かそうとすると泣き出す
原因にもなっています。

 

先日、久しぶりにいつも協力して頂いている
工場の方へ麻綿と麻生地を持って伺ってきました。
今までより、麻の敷パットをオリジナルで作って
ましたが気になっていた部分を改善するために
今回は今までとは作り方を変更します。さてどんな
仕上がりになるのか?楽しみです(^^)

 

2088

 

えびすやの扱う麻パットは出来るだけ麻綿の
量を増やしたいと考えてます。最近の傾向では
麻の価格が上昇していることもあり、麻綿の
量は少なくなる傾向にありますが中綿の量は
吸湿力に影響しますのでそれなりに綿の量は
必要だと思います。シングルサイズで1.0㎏で
仕上げる予定にしています。

 

夏は『麻』です。背中がヒンヤリとし
湿気を素早く吸収しく素早く放湿する。
それが麻の良さです。夏向きの素材ですね。

 

今まで、エアコンを使っていた夜が
使わずに済む日が増えたり、
温度設定を今までよりも高めにしても
心地よく眠れます。

 

出来ればエアコンは使わない方が良い。
そんな風にお感じになりませんか?
我慢して熱気むんむんの部屋に眠ることは
問題ですが電気代しかり、必要以上に
身体に冷やさない様に手助けしてくれるのが麻です。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , , , ,

店を夏へと衣替え

2017年5月11日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 麻パット・ケット

丁度、寒暖の差がある変わり目の時期なので
一気には進められませんが少しずつ季節商品を
入れ替え夏仕様にしております。

 

3078

 

寝試しや枕、敷寝具調整をするベッドの敷パットや
シーツ類を夏向けの麻に変えてみました。

 

手前の赤茶色のシーツは僕が柿渋染めしたシーツです。
ご注文を頂いても直ぐに対応は出来ませんがお時間を
頂ければさせて頂きます。ただ、作家さんの様に
上手くは出来ません。色むらありです(^^; 
僕の目的は機能性です。柿渋には抗菌作用があります。

 

奥のベッドは隠れて見えませんが麻綿100%の本麻敷パット
その上の白いシーツも本麻100%のフラットシーツです。
枕の上に載っているパットは側地が近江縮、中綿100%の
本麻枕パット。肌ふとんの中は羽毛の肌掛けふとんなのですが
生地が脱脂してあり吸湿力に物凄く優れ、洗いにも強い
生地でってあります。それに被せたカバーも軽量の麻100%
の掛カバーです。シャリ感があり肌にくっつきません。

 

完全なる麻づくしです。

 

夏に麻を使えばホントに寝床内が涼しく
快適になります。麻には接触涼感、高い吸湿力、
肌に密着しないシャリ感、これが大きな特徴ですが
この3つともが正に夏向きなのです。

 

今までエアコンを使っていた日も
麻に変える事によりエアコンを使わずに済む日が
増えてきます。必要な夜は必要として、頼らなくても
済む日が増え、身体を過度に冷やさなくて済むなら
僕はこういう素材の寝具を使ったらいいと思います(^^)

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

昨日みたいな日はこれで寝て下さい

2016年7月6日 / えびすやにあるもの, 麻パット・ケット

昨晩は暑いのなんの…(^^;
流石に我家の寝室でも昨晩は今年初エアコンをしました。

 

こういう夜は昔、昔、平安期から夏には麻の寝具が
使われておりました。それは快適だからです。麻は

 

 
背中がヒンヤリ!シッカリと吸汗し蒸れない!肌に密着しない。

 

これが麻の良さです。夏に最も向く素材は麻です。
汗取りポコポコパット、ひんやりジェルパットなど夏用の
寝具がたくさん売られてますが自然素材の繊維じゃないと
ダメなんです。ジェルパットは最初涼しいのですが中身は
水です。通気性がありません。水はやがて体温と同化します。
すると蒸れ蒸れです(><)

 

我家が10年以上前から使ってるのはコレです。

 

1672

 

本麻敷パット

 

側地は麻100%の近江ちぢみに中に麻綿(麻100%)を入れてキルティングを
施した敷パットです。こういった麻パットは色々と販売されてます。(えびすやでも
この他にも扱ってます)使ってみてやっぱしこれがいいな!と思うことは
やはり麻綿の量だと感じます。薄っぺらいパットに2㎏以上の麻綿を
圧縮したものを使ってます。通常はシングルサイズで300~400gです。

 

ココが味噌です。綿が多ければ多いほど吸湿力があるんです( ̄ー ̄)ニヤリ
吸湿力が強いということはそれだけ蒸れにくいと言うことです。
蒸れないということはゴロゴロ寝返りをしなくてもすみます。
寝返りを必要以上に繰り返すということは背中が蒸れて不快だからです。

麻を使えば背中がスッキリです(^^)

 

1673

 

これは10年以上前から我家で愛用してる旧タイプのものです。
今とはキルトパターンや色目が異なります。夏を涼やかに眠ることが
出来ればよく眠れます。よく眠れれば夏バテをしません!(^^)

 

シングルサイズ \35,640 えびすやの夏の大定番です。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

人から人へ伝う思い

2016年6月23日 / えびすやにあるもの, 日々の話, 麻パット・ケット

とある本を読んでるとこんなことが書いてありました。

 

『例えばここに一枚の布団があるとするとこれは綿と
木綿とで作られその綿および木綿の生産地の霊、製造人、
取扱人、使用人の霊を受けて1つの個性をなしている』

 

霊と書くと分かりにくく誤解を受けてしまうかもしれませんので
ココを『思い』と置き換えてみてください。

 

 

原料である綿を作る人の思い
側地の木綿を作る人の思い
それらを材料として製品を作る人の思い
それらを取り扱う問屋さんの思い
それを消費者に販売する人の思い

 

1つの原料を作る所から使う人の手に渡る間に一体
何人の人達が関わっているのか?例え、見た目が同じだと
してもそれは何処か違うはずです。どのお米を見ても白い粒粒に
しか見えませんが味が違いますし、炊き方とまた変わってくる。

 

それと同様に良くも悪くも思いが介在しています。
誰から買うのか?によって、かなり違うんじゃないか?と
思うのです。作り手の場合は同じ原料を使ったとしても
技術であったり管理のしかた手の加え方などにより全く
別のものになります。

 

消費者へ販売する小売店によっても違います。
同じ商品を置いていてもそれに対する考え方がみな異なります。
とあるお店はオススメでもとあるお店ではあまりオススメではない
それは考え方の相違です。また、使い方であれば寝具で言うと
メンテナンス方法、他の寝具との組み合わせ方・・・。そこに
個性があります。誰から誰の手に渡るかという縁は目に見えて
ハッキリとするものではありませんがきっと大切な事なのだろう・・・。

 

この一文はハッと考えさせられるものがありました。
果たして今まで僕はこの思いを大事にしてきたのだろうか?(><)
至らぬところは多分にあるはず。律さないといけません。
ものには込められてる思いがあるんですから

 

1655

 

画像が無いのは寂しいので・・・。
今朝程、入荷した近江ちぢみ麻(100%)綿いり枕パットです。
枕の上に載せて眠ると涼しく快適になります。頭寒足熱ですね!

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

夏なあいつが入荷しやした。

2016年6月11日 / えびすやにあるもの, 麻パット・ケット

少しづつですが夏用寝具が入荷してます。

 

1630

 

 

麻100%(ラミー)の本麻フラットシーツです。
触るだけでもひんやり感を感じます。

 

寝具に一般的に使われる麻には2種類あります。
リネンとラミー、リネンは北欧などで一般的に使われる素材で
ラミーはアジアの品種です。日本の夏用寝具はこのラミーが
一般的に使われます。ひんやり感はこのラミーのほうがあります。
僕はラミーのほうが日本の夏には向いていると思っています。

 

たかだかシーツ1枚と言えども涼しさを感じるんですよ。(^^)
この夏は是非、麻のシーツを体感されたことがない方は是非
使ってみてください。麻シーツも色んなのを試してみましたが
シッカリと織られているものが洗濯にも強く毛羽立ちしにくです。
このシーツも気に入っておりかれこれ7~8年同じものを
販売させていただいております。

 

 

でもやっぱり・・・。麻パットはもっともっと涼しいです!

 

1631

 

中に麻綿を詰めてキルティングが施してあります。
朝は吸湿発散が良いですから単に涼しいだけではなく
麻綿がシッカリと吸湿してくれるので背中をサラリとします。
それは麻シーツ以上です。僕もそろそろ今年もお世話に
なるつもりです(^^)

 

暑さも蒸れも背中が1番感じ取ります。背中が蒸れるのは
敷寝具が汗を吸湿しきれていないからです。そうすると背中の
湿度を下げたいので寝返りが増えます。すると寝相が悪くなります。
朝起きた時、お父さんが畳の上で寝てることはありませんか?
(敷寝具の状態が悪い場合もあります)

 

 

夏は気温が高く発汗量も増えますから古来より夏の寝具の素材
として用いられたのには訳があるんですね。中綿がポリエステル、
ジェルパットとは全然異なり麻は別世界です!

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK