カテゴリー「羽毛製品」の記事

今日は吹雪いとります。

2014年12月17日 / えびすやにあるもの, 日々の話, 羽毛製品

今日はホンマに寒いです!(><)
こんな日は外に出たくないですよね。

しかし…。子供ってのは元気なもんでして

外で遊びすぎてしまい…。
ズボンと長靴と靴下が雪だらけです。
昨日はそれに気が付かず、保育園に着くなり
お着替えをしてたとか(笑)


今日は吹雪いております。酷い時は前が見えません。
場所によってはアイスバーンになってますので
丹後へ来られる方は運転、十分にお気をつけていらして下さい。
12/17 16:40現在、大雪警報が発令されています。
くれぐれもノーマルタイヤで来るなんて無謀なことは
しちゃダメですよ(^^;ホントに危険ですから。

こんな寒い日にちょっと嬉しいことがありました。
どうやって作ろうかと考えていたふとんが
やっと出来上がりました(^^)なかなかいい感じです。

羽毛の肌掛ふとんなのです。いいのが出来ました。
見た目は普通だと思います。(^^;

一般的な羽毛肌掛けふとんよりもダウンを約20%
増やしています。単に増やしているのではなく
ダウンを圧迫せず暖かい空気を含めるように
縫製に工夫が施しております。でも重さは約20%
軽く仕上がっております。生地も綿100%で
通気性を重視した生地を使っていますので羽毛の
良さ(機能性)が十分に引き出されてます。

実際の重さ以上に肌に掛けると軽く、あんまり
身体の上に乗ってるような感じがしません(^^)
雲が乗ってる感じです(雲を纏ったことありませんが)
それくらい軽いです。

羽毛ふとんと2枚重ねで覆ってみましたが

あったかいです!エエ感じです。( ̄ー ̄)ニヤリ

自分で言うのもなんですがエエ感じ仕上がりました。
こういう事はルンルンで気張るくせして、売る事を
殆ど考えていない!とまた社長に叱られそうで御座います。(ヽ’ω`)

アケミちゃん!まぁ、いいじゃ~ないの~

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

実験中

2014年12月1日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 羽毛製品

以前から作ってみたいと思案していた形の
羽毛ふとんがあります。それはとても軽く『フワッ~』と
していてあまり羽毛ふとんを掛けていることを
意識させないものイメージしておりました。

そうこうと思案しているとモッテコイ!のとても
軽い生地がある事を知り、その生地を使って工場で
こんなのを作ってもらい水を通して脱水をし干しています。

とても通気性の良い生地で水がスーッと入りました。
こういう生地はムレ感は感じませんし、羽毛の良さを
十分に引き出すことが出来ますね(^^)

ただし、画像の様なファイバー(ダウンが千切れたもの)は
ダウンが未熟だとよく目立ち、噴き出してくる可能性が
高くなります。

元々、通気性の良い生地で水通しをしても通気性があまり
変化しないと聞いておりますし、ダウンもけっこう大粒なのもの
使っての実験ですので吹き出すことはないと思いますが(^^)

最近、よく目にするのがポリエステル混紡の生地です。
利点はとても軽くて価格も安いことなのですが吸湿性、通気性が
悪くなります。そうなると羽毛の良さが活きてきません。
また、静電気も発生しやすくなります。えびすやでは
側生地はポリエステル混紡は使わず、綿100%です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

仕事をしててわくわくする時。

2014年11月22日 / えびすやにあるもの, 羽毛製品

えびすやではオリジナル寝具を色々と作って貰ってるのですが
その中でも種類と品揃えが多いのが羽毛ふとん。
新たなオリジナルが入荷してきました。(^^)

予め入荷する日が解っていたりすると
その日は朝からワクワクするのです。2種類とも
エエ感じですね~!

手前と奥とでは膨らみが異なりますが実は
奥の方が羽毛が多く入っているのですが
膨らみは手前の方があります。

それは羽毛の粒の大きさと量、生地の重さや風合い、キルトや
マチの取り方…によって羽毛ふとんは色んな顔に変わってきます。
この2つはそれが全く異なっております。

羽毛ふとんを作る時にはいろんな事をイメージしております。
今までのお客さんとの会話の中での事や自分が普段、感じている事
どんな人が何処でどんな風に寝るのか?フィット感、重さ…
また、価格も考慮しなくちゃなりません。そんな事を考え、
想像しながら作ってもらっています。頭を凄く悩ましますが
それがえびすやの幅を広げる事に繋がるんだと思っています。(^^)


今回のパワーの有るオリジナルはポーランド産マザーグース95%を
超軽量の綿100%の生地でフィット感と保温性を高めるキルトで
仕立ててみました。生地の軽さが羽毛の膨らみを引き出し
暖かい空気を含む層をタップリと作り出します。かと言って
単に詰めて膨らませて居るわけではありません。そうすると
フィット感も無く、隙間が出来たり滑りやすい羽毛ふとんに
なってしまいます。とても軽く、重さを感じさせません。とても
いい感じの仕上がり具合です。

入荷したばかりでまだ値段を付けておりませんが14万円台に
抑えたいと思います。奥の方の羽毛ふとんはその半分以下に…と
考えております。

になみにえびすやオリジナル羽毛ふとんは39,800円~です。
一度、お店でえびすやオリジナル羽毛ふとんを見てみて下さい(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

冬、気持よく眠るコツ。

2014年10月20日 / オススメ雑貨, 寝具のこと, 睡眠改善, 羽毛製品

今年の夏は比較的眠りやすかったですが
夏や冬というのは眠りにくい季節。どちらかと言えば
寒いほうが辛いかもしれません。この時期に
快適に眠るには寝具の条件というのがあります。

その中の1つを今日はご紹介したいと思います。
先日は羽毛のソックスをご紹介しましたがこれは
足先を温めることで冷えきった足の血流を良くし
足先からの放熱を促し、寝付きをよくするモノでした。

足先は冷えるとダメなのです。これはまたの機会に
書こうとおもうのですが”敷ふとん”ここに保温性や
吸湿されずに汗がこもることで冷えます。敷ふとんに
湿気を帯びていて冷たいと上向き寝は出来ません。
また、スプリングのマットレスに薄いベッドパット
1枚で眠るのも同様にとても寒いです(><)
背中との接地面を減らす為に横を向いて萎縮し、
寝姿勢も悪くなります。

ですから敷ふとんはとても重要なのです。いくら
暖かい羽毛ふとんを着ていても背中が冷たいと。。。

そして、最後に肩口。ココは案外、冷気に触れやすい。
肩が冷えると血行が悪くなり、コリの原因にも
なってしまいます。特に添わない掛ふとんを使っている場合
隙間が出来やすく方が冷えやすくなります

そこでこういうのを使ってやるわけです。
これは羽毛が入っており。肩を温め、侵入する
冷気をストップさせます。そして背中の上部
にある”風門”と言う風邪のツボをカバーしています。

では半纏やフリースなんかでもいいじゃない?
と思ってしまいますがゴワゴワしてて寝返りが
打ちにくくなりますし、フリースなんかは汗が
こもってしまいます。

『足先・肩・背中』

ここは冷やさない様にしましょう!冬、快適に
眠るポイントです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

メンテナンスはするべし

2014年10月11日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 羽毛製品

お客様からお預かりしております本麻敷パット
大分、洗うことが出来ました。台風が来るらしいので急いでます。
お願いだから日本横断なんて勘弁して下さい(~_~;)

勿論、使うのはいつもの様に液体シャボン玉石けん、クエン酸などを
使って、桶で一枚一枚、手洗いをさせて頂いております。

干す時はシッカリと伸ばし、自然乾燥。乾けば畳んで
お客様ごとに袋に入れて名前を書いております。

長く使い続けて側地が擦り切れて破れた場合には
生地を貼り直してお使い頂けます。(^^)
とてもいい寝具なので出来るだけ長く、心地よく
使って頂ければと思っております。

ただ…。麻綿がタップリと入っていますので水を
思いっ切り吸い込んだ本麻敷パットは

『むちゃむちゃ重い!(><)』

腰を痛めないように気をつけます。

最近、夜が寒くなってきましたので我家もソロソロ
羽毛ふとんを使おうと思ってケースから出して日干しを
しております。これも使い始めてかなり経ちますので
そろそろ、羽毛のリフレッシュが必要になってきました。

羽毛ふとんは天日に干してはダメ!

と一般的には言われております。確かに天日に干すと
紫外線により側地が劣化しますのでそれを懸念しての
陰干しを推奨しての事だと思います。

しかし、羽毛にとっては干した方が良いですね。

羽毛のリフレッシュでお預かりする羽毛ふとんを見てますと
あまり干していない羽毛ふとんと定期的に干しているものとは
羽毛の状態に差が見られます。それは他の寝具でも
同じようなことが言えます。湿気を含んだままでは不衛生です。

先程の紫外線の劣化を防ぐ方法はカバーを掛けたまま干す!
そうすることで紫外線を防ぎ、汚れを防いでくれます。
天気の良い日であれば羽毛ですと1時間くらいで良いです。

冬場は天候が悪く、干しにくい時はストーブなどで温まった
部屋に椅子の上に掛けるなどして干しておくと抜けます。
羽毛は放湿性に優れていますので(^^)また、布団乾燥機
などを軽く掛けるのも良いでしょう。綿ふとんは放湿性が
弱いので布団乾燥機は重宝します。特に敷ふとんはシッカリと
湿気を飛ばしてやりましょう!

メンテナンスは大事ですよ~!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK