カテゴリー「掛ふとん」の記事

制作事例No.41『キッズサイズ』

2017年11月5日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

先日、オーダー枕を制作しているときに

 

『???』

 

測るたびに重さが変わる。
もう潮時かなと思い急いで秤を買ってきました。

 

 

同じのを買ってしまいました(笑)
10年以上前のモノですがなんら変わりがありません。
よく見たら会社名が大文字から小文字に。(左が新品)
重さも3㎏も必要なかったので2㎏用に変更。

 

10年間よく働いてくれました。ありがとう(^^)

 

 

さて、寒くなってきたので
羽毛ふとんのお問い合わせやご注文が増えてます。

 

 

良い仕上がりです。
先日の記事同様、サイズは自由にお作り出来ます。
まだ、仕上がってきておりませんがカバーは
和晒二重ガーゼを掛けてお納めさせて頂く段取りです。
和晒は昔ながらの製法で約3日間、釜茹でにして
晒にします。生地へのダメージが少なく丈夫で
毛玉が出来にくいのが特徴です。

 

 

そして、収納ケースは
僕が夏の間に染めた柿渋染めの収納袋。
僕は素人ですので染ムラありありですが
そこはお許しください(^^;

 

柿渋はこんな感じで染めております。
柿渋染めに防腐、防虫効果、消臭、抗菌があります。
また、布団圧縮袋などで収納される方が
いらっしゃいますが寝具に湿気が籠っていると
袋内で結露を起こしカビの原因になったり
ふとんが膨らまなくなってしまう可能性がありますので
出来れば使わない方が良いです。自然素材のふとんは
湿気を吸ったり吐いたり呼吸しています。

 

全ての羽毛ふとんにお付けしているわけでは
ありませんがえびすやがお納めさせて頂いた
羽毛ふとんを長く快適に使って頂きたく
ご用意させて頂いています。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

制作事例No.35『羽毛ふとん?綿ふとん?どっちがいい?』

2017年10月12日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 敷ふとん, 綿製品, 羽毛製品

最近、ちょっと湿度が高くなると
針穴に糸を通すのが一苦労…。先日
ミシンの釜に糸が噛んだ時もかったくらに
見えません…。思い切って、勇気を出して

 

 

老眼鏡を買いました!

 

でも今のところは100均です(^^;
何故なら老眼鏡は極力は使いたくないからです。
今のところ困るのは針仕事くらいなので
出来る限り抵抗したいわけです。

 

僕の周りの同世代からは老眼鏡を使ってる
なんて話を全然耳にしません。老眼鏡は
どれくらいの年齢から必要になるものなのでしょうか?
僕のイメージでは初老過ぎるとチラホラとと
思ってたのですが誰も告白をしない(笑)
みんな黙ってるんでしょうか?

 

さて、ミシンが元気になって動いてくれた
お陰で納期に間に合いそうです。(^^)

 

 

先日、某大手メーカー製のえらい安い羽毛ふとんの
大きなチラシが新聞折り込みに入っておりましたが
そういう類の羽毛ふとんを使うのであれば、こういった
昔ながらの綿わたで仕立てたふとんを使う方が
全然具合が良いです。重さは劣りますが素材の質であり
値段もこちらの方が安いのです。

 

 

質よりも価格優先で作られているのでやむ得ない事ですが
側地がポリエステル混(85%ポリエステル、綿15%の割合が多いです)
だと生地が軽いという利点はありますが静電気が起きやすい、
蒸れやすく、中身の羽毛の調湿性も活かされません。
安価な羽毛を使われる事をお考えであればえびすやは少し
軽めに仕立てた綿の掛けふとんをお勧めします。

 

 

綿ふとんの仕立ての話に戻りますが
最近、よくご注文を頂くのが

 

 

ゴロ寝ふとん。
くおじいちゃん、おばあちゃんが
コタツにあたりながらゴロンと一寝入りする時に
敷く為のものです。おじいちゃん、おばあちゃんで
なくとも農業をされてる方が暑い日中は身体を
休める為に昼寝をするのにご注文を頂く事もあります。
座布団では小さいし、シングルサイズ程も
必要ないし、お仕立てですと自分の好きなサイズで作れます。

 

我が家用にも作りましたがホンマ
具合良いですよ(^^)よく、お客様に言われるのが
量販店や通販で買うと薄かったりすることが
よくあるようです。

 

ただ、気を付けて頂きたいことは…。
夕方に居眠りをガッツリしてしまうと夜眠れません。
2~3時くらいまでに深い眠りに入らない程度に
しましょう。高齢者の方で夕方の居眠りで
夜眠れなくなり、睡眠のリズムを狂わせてる方が
よくいらっしゃいますので

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

制作事例No.33『思った以上に良かった』

2017年9月26日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

秋口ですのでドンドン寝具が入荷してきますので
そのお話が多くなってしまいますがお付き合い下さい(^^;

 

 

先日、メーカーさんに寄らせてもらった時に
たまたま、見せて頂いたダックダウンが凄く
良かったのでえびすやの定番外ではありますが
作って貰いました。

 

 

良かったと言いましてもハイスペックで
文句の付け所がない高級品という事ではありません。
ダックダウン85%ですからどちらかと言えば
お買い得品の部類になりますので同じ
ダックダウン85%でも中には目を
当てられないレベルのものもあります…。

 

 

けれど、これは
『えっ!こんなにいいの?ホントに85%?』と
思うくらいダウンの粒が結構大きいのが
多く混ざっており(ダウン率は表示通りくらい)
なかなか良かったのです。

 

 

生地は綿100%の平織の生地をあえて使ってます。
価格をリーズナブルにするのが一番の理由ですが
サテンなどと比べたら硬くごわっとしていますが
生地が軽いのが特徴です。(質のいいサテンは軽いです)
軽いので羽毛の断熱してくれる層が膨らみます。

 

 

縫製は5×6マスです。フィット感を高める為に
市販のものよりも細かくしています。

 

 

えびすやとしては専門店ですので品質は重視
しておりますがそこだけにこだわらずに
自店でオリジナル製品を作っている事を活かし
こういう製品も取り扱っております。お陰様で
リーズナブルでいい羽毛ふとんが出来ました!

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ:

制作事例No.30『品質は維持した方が良い』

2017年9月18日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

昨日の台風は日本を抜けたようですが
雨が沢山降ってますので土砂災害などには
気を付けないといけません。思ってた以上に
被害があり、被害に遭われた皆様には
心よりお見舞い申し上げます。もう、台風は
これ以上は勘弁して頂きたいものです…。

 

羽毛の目利き

 

さて、今回の羽毛の目利きです。
20年以上使われた羽毛ふとんですが触診では
羽毛の反発がそこそこ、感じられ状態は
悪くありません。リフレッシュ可能と判断しました。
某有名メーカーの製品で側地もかなり良いものが
使われております。

 

 

 

案の定、良い羽毛でした。使用年数の割にファイバー
(羽毛が千切れたゴミ)が少なく、元の羽毛の良さが
伺えます。

 

しかし…。
これはどんな羽毛でも避けられない事ですが長年
使い続けると汗や皮脂がしみ込んでいき羽毛に
付着し汚れてきます。この汚れが羽毛の絡みを生み、
嵩減りする原因となります。この羽毛もピリング
しているのが目立ち始めていますが大丈夫です。

 

 

品質を落とさない方がよい。

 

羽毛ふとんのリフレッシュをする時に予算がありますが
出来る限り、元々入っている羽毛、また側生地に合わせて

羽毛リフレッシュをされることをお勧めしております。

 

 

特に側生地の質を落とすと薄くて軽く、滑らかな生地が
生地が厚く、硬い生地になってしまい、今までの感触と
全然変わってしまいます。また、中身の羽毛も買った時の
状態に近づける事を考えるのであれば質の近いものを
足し羽毛に使った方が良いです。特に良いものをお使いに
なられそれを実感されてる方にはよく感じられるかと
思います。

 

逆に良い羽毛を使い、良い側生地なのに使いにくい
羽毛ふとんの縫製の仕方や羽毛の詰める量に問題が
あって使いにくい事があります。そういう場合は
羽毛リフレッシュをする際に縫製と充填量を変える
事で使い心地を大きく改善することもできます。

 

 

今回も元々の品質を維持する方向でおススメさせて
頂きました。仕上がりがとても楽しみです(^^)
心地よい羽毛ふとんに生まれ変わる事でしょう。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

制作事例No.20『仕立て直し組ふとん』

2017年7月3日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 敷ふとん, 綿製品, 麻パット・ケット

今日はまぁ、なんて暑い日なのでしょう?
少し気温は下がりましたがお昼頃は京丹後市の気温

 

33度

 

そりゃ熱いはずです。朝からいくら水を
飲んでるのかわかりません(^^;

 

 

作業場は二階ですのでムンムンムシムシです。
先代の親父殿はあまり文句やいらん事を言わない人で
黙々と仕事をするタイプの商売人と言うよりも
職人肌の人でした。ランニングにジャージを履いて
いつもココでひたすらふとんを作っていて
学校から帰ってくるといつもよく、ここで仕事してました。

 

その息子である僕はと言うと…。
心のどこかで『作業場にエアコン付けても良いよねぇ?』と
甘ったれた事思ってます。(^^;親父殿にこんなことを
言うと一蹴されてしまいそうです。

 

噴き出すような汗をかきながら先程仕立て上げたのが

 

 

シングルサイズの組ふとんの仕立て直しです。
今回はお預かりした分が掛けふとん二枚でしたので
綿がだいぶ足りませんので敷ふとんの方は打ち直し綿
メインにし掛けふとんを新綿メインでお仕立てしております。
元々、お預かりした掛けふとんがズシッとした感じが
ありましたので3㎏でのお仕立てです。

 

 

番外編。
本麻敷パットベビーサイズです。先日、出来上がった
えびすやオリジナル麻パットのベビーサイズです。
と言いましてもたまたま一枚出来てしまったものなので
オーダーを頂いても作れませんが…。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK