カテゴリー「寝具制作事例」の記事

寝具制作事例No.84『羽毛肌掛けふとんのリフレッシュ』

2018年11月4日 / えびすやにあるもの, お知らせ, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

 

一昨日、丹後圏に折込がされました地域コミュニティー紙
『ねこじゃらし』さんにお世話になり広告掲載をして頂いています。

 

 

えびすやの羽毛ふとんに対する考えを簡単にまとめて
おります。えびすやが絶対に守りたいルール。
側地は基本、綿100%です。(基本というのは
自然素材をベースにした素材であれば選択肢と
して考えられますので)ポリエステル生地の羽毛ふとんが
最近、増えてきてますがえびすやは扱いません。
羽毛の持つ吸湿発散の良さが損なわれるからです。
そして、縫製一つで保温力を高めたり損なったり
する大事な要素です。ここも大事にしたいですね。

 

 

さて

 

 

最近、徐々に寒くなってきましたが今年は
どうやら例年よりも寒くなるペースが緩やかなのでしょうか?
羽毛ふとんのリフレッシュのご依頼が続いております。
例年であればもう依頼は止まるのですが今年は
まだ続いています。

 

 

通常、ご依頼を受けるケースとして多いのは
本掛けの

 

◎シングルロングサイズ→シングルロングサイズ
◎ダブルロングサイズ→シングルログサイズ
◎ダブルロングサイズ→ダブルロングサイズ

 

 

この3パターンで殆どを占めます。
しかし、基本的にはどんなサイズでも
肌掛け、合い掛け、本掛け、どんな厚みでも
問題ありませんのでご相談ください。

 

今回のケースは

 

その1

 

羽毛肌掛けふとん(シングルロングサイズ)3枚を
羽毛本掛けふとん(シングルロングサイズ)1枚へ統合する
ご依頼でした。F社製のマザーグースクラスの羽毛
がとても良い状態でしたのでとてもよい本掛けふとんが
仕上がると判断させて頂きました。

 

その2

 

羽毛肌かけふとん(セミダブルロング)1枚を
羽毛合い掛けふとん(シングルロング)へ作り変える
ご依頼でした。K社製の状態の良い肌掛けふとん
でしたので洗浄・除塵を行っても量が残り、ある程度の
充填で合い掛け出来ると判断しました。
また、出来る限り軽くしてほしいとのご依頼も
ありましたので超軽量生地でマス目を多めに取り
フィット感を高め、より軽い合い掛けふとんへと
生まれ変わる予定になっています。

 

 

透けて下の文字が映ってますよね。
細い糸を使った出来る限り羽毛の良さを活かす
通気性の良い生地です。通気性が良いので
質の悪い羽毛には使えません。吹き出しやすく
なりますので

 

 

今回、お預かりした2件の羽毛ふとん共に
大粒でいい羽毛でしたのでこの生地を使い
軽くお仕立てします。

 

 

 

合い上がりが楽しみですね!(^^)

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , , ,

寝具制作事例No.83『リーズナブルオリジナル羽毛ふとん』

2018年10月25日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

 

現在、原毛の相場がかなり上昇しています。
主にダックダウンが上昇しており、お手頃に
いい羽毛ふとんを買うというのは段々と難しく
なってきています。

 

 

 

 

 

かと言って闇雲に値段優先で羽毛ふとんの仕入れは
したくありません。品質がちゃんとしているものを
扱いたい訳です。一枚試しに…。それが案外よくて(^^)

 

 

えびすやの定番羽毛ふとんは本来、無地で
仕立てているのですが今回はスポットで柄物になります。
かと言ってゴワゴワの硬い生地ではなくサテン地です。
ポリエステル混の生地ではなく綿100%。マス目も
身体にフィットしやすい様に細かめにとっています。
ダウンもハンガリー産のマスコビー種ホワイトダックダウン90%。
価格から見れば結構いい出来ですね。一番よく分かるのは
お店に来て頂いて実際に羽毛ふとんを広げて
自分の目で確認してみるのが良いと思います。
羽毛ふとんに関するお話も詳しくお話もさせて頂きます。

 

 

 

安価な羽毛ふとんの特徴というか問題なのは…
側地がポリエステル、又はポリエステル混であること!
これが一番の問題でして

 

 

 

 

◎通気性に乏しく蒸れる
◎なので羽毛の吸湿発散の良さが活かされない

 

 

 

羽毛の良さが活かされている点は軽いという点だけです。
原毛価格が上昇してくると何処で価格を抑えるかと
いうと側生地を従来の『綿→ポリエステル・ポリエステル混』に
することで原毛の上昇分を抑え込む事が出来ます。また
生地が軽いので羽毛の量も少なめに充填しても膨らみが出ます。

 

 

 

えびすやの扱う羽毛ふとんは綿100%です。
ココは専門店として譲れないですね。ちなみに
この羽毛ふとんはギリギリ40,000円台に収める
予定しております。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: ,

寝具制作事例No.82『大柄で重い人の為に』

2018年10月24日 / えびすやにあるもの, ケット・パット, 寝具制作事例, 掛ふとん, 綿製品

『うちの主人、重いだーな…。(丹後弁です)』

 

そんな方の為にお作りした敷ふとんです。

 

 

 

敷ふとんをお仕立てする時は通常インド綿を使用します。
が…一般的なインド綿だけではなくアッサム綿と言うかなり硬く
コシの強い綿も使いました。製綿所の人にお聞きすると
兎にも角にも硬くて綿を解すのが大変なんだとか

 

 

 

 

綿と言うのは圧縮されてこういう状態で製綿所へ
運ばれてきます。これをほぐして製綿機に掛けて
シート状の綿へとなります。その状態のものを
職人さんが仕立てておふとんへとなるわけです。

 

 

 

 

それと先日は手元に在庫が無かった
軽量のシルク毛布が入荷しました。これがまぁ
暖かいのです。そして軽い!今まで使った
シルク(真綿)の寝具の中でも一番よかったですね!
そもそも、丁寧過ぎるくらい丁寧に作られています。
シール織りの技術が良いのだと思いますが
毛羽部分がよりよく暖かい空気を含んでくれ
手を毛布で挟めば10秒くらいでほんのりと暖かく
なってきます。これはホントに具合の良い毛布です。

 

詳細は以前書いた記事をご覧ください。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , ,

寝具制作事例No.81『えびすやは羽毛が得意です』

2018年10月20日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 羽毛製品

えびすやは10年とちょっと前くらいから
オリジナルで羽毛ふとんを作って貰っています。
工場へ行ってダウンを見て生地を見て
改良を少しずつ加えながら今に至っております。

 

 

今日、オーダーで作りましたものと
新しく定番に加える為に作ったものと2点入荷しました。

 

 

まずは反発力を感じるマザーグースに
超軽量のソフトな平織の生地に和晒の二重ガーゼを
掛けております

 

 

掛ける時はカバーを裏返して
先に紐を結んでおきます。

 

 

そして”クルッ”っとひっくり返す。
そうすれば簡単にカバーが掛けられます。
カバーの中に頭を突っ込んで紐を結んで
いるよりも遥かに早くカバーがセット出来ます。

 

軽量の生地にパワーのあるマザーグース
(マザーグースとは卵を産ます親鳥で
ダウンが大きく熟成しています)を使って
いますのでそんなに充填しなくてもよく
膨らみむのでとても軽い仕上がりになって
います。生地も通気性が良いのが特徴。

カバーは和晒ガーゼを使用しています。
和晒とは昔ながらの精錬方法です。
精錬とは不純物や色素や臭いを取り除く
工程ですが今では薬品で処理されますが
昔は大きな釜で3日間程度、じっくりと
行っていました。この製法だと繊維が
ダメージを受けにくく風合いがよく
強度もあり、ガーゼであれば毛玉が
出来にくくなります。手間がかかりますが
生地にとっては良いんですね。二重
ガーゼですので空気を含み、ヒンヤリ感を
感じさせません。

 

 

今、ダックダウンの価格が高騰しており
手軽な価格帯の羽毛ふとんの入手が難しく
なってきています。価格的に安価なものは
ダウンの質が悪かったり、生地がポリエステルで
作られていたりします。

 

 

価格が高くなったからと言って
質を落とす事は専門店としては出来ません。
価格を抑えながらも質の良い羽毛ふとんを
扱いたいのです。

 

 

ダックダウンですがリーズナブルなグースに
引けを取らない力強いフランス産のダックダウンを
使っています。生地は一般的なサテンより軽くて強い
けれどもソフト感のあるものを使っています。
マス目も細かく身体にフィットしやすいキルトで
仕上げております。(^^)

 

 

徐々に夜が寒くなってきました。
羽毛ふとんが恋しくなりますよね?
そんな時はえびすやへご相談を!

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: ,

制作事例No.80『大量のふとんお仕立て』と新商品

2018年10月13日 / えびすやにあるもの, お知らせ, ケット・パット, 寝具制作事例, 掛ふとん, 敷ふとん, 綿製品

一気に大量のお仕立てのご注文を頂きました。
僕にとってはかなりの量でして流石に時間が掛かって
しまい、お客様には待っていただく事になりました(^^;

 

 

 

掛けと敷を合わせてシングル11枚です。
組ふとんの場合を除き、全て異なる柄でお作りしております。
僕的には一番最後の洋柄の敷ふとんの柄が一番良かったかな?と
思っております。

 

 

なかなか、日中は出来ないので夜にコツコツと
作っているとやはりYOUTUBEが友達になりますね。
この事を知り合いのふとん屋さんとお話をしてると
講談を聞くのがおススメだと教えて頂き、初めて
講談師の名前は忘れましたが後藤又兵衛の話を
聞きました。歴史をベースにしてるのではまるかも?( ̄ー ̄)ニヤリ
と思いました。最近、講談って流行ってきてるのでしょうか?

 

 

さて
お話は変わりますが最近、ベビー寝具の
アイテムを増やしたり手作りで試行錯誤して
みるなど”えびすやベビー寝具構造改革”を実施中!と
言うほど大げさではありませんが色々と
心地よいものがご提供出来ればと思っております。

その中の一つですが

 

 

 

 

 

ベビー用オーガニックコットンガーゼケットとパットです。
元々、扱っている製品ではありますがベビーサイズを
新たに加える事になりました。

 

 

オーガニックコットンですので無農薬・無化学肥料の
有機栽培綿は当然の事なのですがその後です。
製法も無添加で作っています。生地が出来るまでの
作業工程に於いて化学的処理は行わず、綺麗な水や石けんで
丁寧に洗い込んで不純物を取り除き作られていますので
風合い、柔らかさ、肌触り…。最高です。もちろん
柔軟剤等の使用もありませんので吸水性はとても良いです。
ガーゼの積層構造ですので空気を含んでくれるので今からの
時期、暖かく使う事が出来ます。石けんで洗った日に
使うのが一番、快適ですね!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK