カテゴリー「寝具制作事例」の記事

制作事例No.36『職人仕立ては自由自在』

2017年10月16日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 敷ふとん, 綿製品

 

最近よく使いますね。このレトロ感のある生地
今回はセミダブルの少し薄めの敷ふとんをシングルロングサイズに
仕立て直しです。綿ふとんの良い所は打ち直しが出来、
サイズの自由が利くのも利点です。打ち直しですので
お預かりしたふとんよりもシッカリ目に綿を入れております。

 

綿ふとんの仕立てもまだ残っておりますが
ようやくご注文に追い付いてきました。長い事、放っていた注文。

 

それは、うちの母から

 

悪いいと思いますがこれはどうしても後回しになってしまいます(^^;

 

 

約100㎝角の敷ものです。
何処に敷くかと言いますとこたつの下。
でもこたつ敷とは別でです。天板の大きさよりも
少し大きめです。摩擦でこたつ敷の真ん中部分が
どうしても薄くなったり破れたりすることが
あるのでそれを防ぎたいとの事。

 

ポイントはこれが綿わたという事。
風合いがいいんです!まだのしつけも綴じも
しておらず完成ではありませんがいい感じで
仕上がりそうです。

 

豆絞り風の残り生地ですので
裏面までたりませんので裏地は生成。
表地も足らずに継いでます(^^;
ちょっとオシャレ?にステッチを付けてみました。

 

 

こたつ布団はめん綿をおススメいたします!

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

制作事例No.35『羽毛ふとん?綿ふとん?どっちがいい?』

2017年10月12日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 敷ふとん, 綿製品, 羽毛製品

最近、ちょっと湿度が高くなると
針穴に糸を通すのが一苦労…。先日
ミシンの釜に糸が噛んだ時もかったくらに
見えません…。思い切って、勇気を出して

 

 

老眼鏡を買いました!

 

でも今のところは100均です(^^;
何故なら老眼鏡は極力は使いたくないからです。
今のところ困るのは針仕事くらいなので
出来る限り抵抗したいわけです。

 

僕の周りの同世代からは老眼鏡を使ってる
なんて話を全然耳にしません。老眼鏡は
どれくらいの年齢から必要になるものなのでしょうか?
僕のイメージでは初老過ぎるとチラホラとと
思ってたのですが誰も告白をしない(笑)
みんな黙ってるんでしょうか?

 

さて、ミシンが元気になって動いてくれた
お陰で納期に間に合いそうです。(^^)

 

 

先日、某大手メーカー製のえらい安い羽毛ふとんの
大きなチラシが新聞折り込みに入っておりましたが
そういう類の羽毛ふとんを使うのであれば、こういった
昔ながらの綿わたで仕立てたふとんを使う方が
全然具合が良いです。重さは劣りますが素材の質であり
値段もこちらの方が安いのです。

 

 

質よりも価格優先で作られているのでやむ得ない事ですが
側地がポリエステル混(85%ポリエステル、綿15%の割合が多いです)
だと生地が軽いという利点はありますが静電気が起きやすい、
蒸れやすく、中身の羽毛の調湿性も活かされません。
安価な羽毛を使われる事をお考えであればえびすやは少し
軽めに仕立てた綿の掛けふとんをお勧めします。

 

 

綿ふとんの仕立ての話に戻りますが
最近、よくご注文を頂くのが

 

 

ゴロ寝ふとん。
くおじいちゃん、おばあちゃんが
コタツにあたりながらゴロンと一寝入りする時に
敷く為のものです。おじいちゃん、おばあちゃんで
なくとも農業をされてる方が暑い日中は身体を
休める為に昼寝をするのにご注文を頂く事もあります。
座布団では小さいし、シングルサイズ程も
必要ないし、お仕立てですと自分の好きなサイズで作れます。

 

我が家用にも作りましたがホンマ
具合良いですよ(^^)よく、お客様に言われるのが
量販店や通販で買うと薄かったりすることが
よくあるようです。

 

ただ、気を付けて頂きたいことは…。
夕方に居眠りをガッツリしてしまうと夜眠れません。
2~3時くらいまでに深い眠りに入らない程度に
しましょう。高齢者の方で夕方の居眠りで
夜眠れなくなり、睡眠のリズムを狂わせてる方が
よくいらっしゃいますので

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

制作事例No.34『丹後は祭りが終わるとこたつを出す』

2017年10月8日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 敷ふとん, 綿製品

この丹後では昔から秋の祭りが終わってから
こたつを出し始めると言われてます。今日が
その祭りの日です。偶然ですがその日にオーダーしていた
こたつふとんが入荷しました。

 

 

えびすやではポリエステル綿100%のこたつ布団は
販売しておりません。保温力が弱いからです。
昔ながらの綿のこたつふとんは断熱と保温力が高いのです。
えびすやでは最低でも綿とポリエステル綿が50%づつのもの
扱う様にしています。これも50%の混綿です。雪の
降る丹後の気候を考慮して通常より中綿の量を増やして
作って貰いました。サイズは210㎝x210㎝の正方形と
210㎝x250㎝の長方形ゆったりと大き目です。

 

 

また好きな無地のカラーを選んで作る
めん綿のこたつふとんもあります。
こちらはもっと綿の比率が高くシッカリと
綿が入っております。コタツ敷も作れます。
保温力はすごーくあります。

 

 

お仕立ての方は今、頑張って作っておりますので
ご注文いただいているお客様は今しばらくお待ちください(^^;

 

 

 

先日、技能士講習会に行って先輩が
ふとんを仕立ててるのを見て、教えて貰って
曖昧だったところがクリアになり少し技術が
前進したような気がします。人の仕事を見ると
言うのはとても重要なんだと実感しました。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ:

制作事例No.33『思った以上に良かった』

2017年9月26日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

秋口ですのでドンドン寝具が入荷してきますので
そのお話が多くなってしまいますがお付き合い下さい(^^;

 

 

先日、メーカーさんに寄らせてもらった時に
たまたま、見せて頂いたダックダウンが凄く
良かったのでえびすやの定番外ではありますが
作って貰いました。

 

 

良かったと言いましてもハイスペックで
文句の付け所がない高級品という事ではありません。
ダックダウン85%ですからどちらかと言えば
お買い得品の部類になりますので同じ
ダックダウン85%でも中には目を
当てられないレベルのものもあります…。

 

 

けれど、これは
『えっ!こんなにいいの?ホントに85%?』と
思うくらいダウンの粒が結構大きいのが
多く混ざっており(ダウン率は表示通りくらい)
なかなか良かったのです。

 

 

生地は綿100%の平織の生地をあえて使ってます。
価格をリーズナブルにするのが一番の理由ですが
サテンなどと比べたら硬くごわっとしていますが
生地が軽いのが特徴です。(質のいいサテンは軽いです)
軽いので羽毛の断熱してくれる層が膨らみます。

 

 

縫製は5×6マスです。フィット感を高める為に
市販のものよりも細かくしています。

 

 

えびすやとしては専門店ですので品質は重視
しておりますがそこだけにこだわらずに
自店でオリジナル製品を作っている事を活かし
こういう製品も取り扱っております。お陰様で
リーズナブルでいい羽毛ふとんが出来ました!

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ:

制作事例No.32『作り置き』

2017年9月25日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, 寝具制作事例, 敷ふとん, 綿製品

手作りの職人仕立てのおふとんは
オーダーを頂いてから制作しております。
仕事が重なっていませんでしたら直ぐに
取り掛かれるのですが注文が重なっていたり
仕立て直しの場合は綿の打ち直しを
しなくてはなりませんので直ぐにお渡しが
出来ません。

 


 

なので時間がある時に少しだけですが
作り置きをしています。(あったりなかったりですが)
綿は徳用の綿80%ポリエステル20%の混綿ですが
綿はシッカリ目に入れてます。混綿はカサが
出やすいので綿を少なめに入れるケースが多いですが
少なめにすると底付き感がありヘタリやすくなります。

 

何故、この生地を使ったかのかですって?
それは…前回勢いあまって余計に裁断して
しまったからです。(笑)丁度シングル一枚分。

 

 

えびすやの秋の風物詩となりました。

 

 

『久留米半纏』

 

こちらも入荷しました。よく見かける
ポリエステル綿100%の半纏ではありません。
本場、久留米で昔ながらの作り方をし、
綿わたを使っています。ですから保温力が
全然違います!暖かいです。一度買われた方が
その良さ肌で感じられ、ご家族にプレゼント
されるケースがとても多いです。

 

女性の方には寝る前に水仕事を
されるケースが多いので奴をメインに
男性は袖がある半纏をメインに在庫しています。
売り切りゴメンですのでお早めに。

 

 

ご来店お待ちしております。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK