カテゴリー「寝具制作事例」の記事

制作事例No.26『セミダブルは二人で寝るサイズ?』

2017年9月1日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 敷ふとん, 綿製品

ちょくちょく聞かれる事なのですが
セミダブルは2人寝するサイズなのか??

 

結論から言いますと1人寝のサイズです。
1人で寝るとシングルよりもゆったりとしてて
いいんじゃないでしょうか?

 

しかし、2人寝をするとかなり狭いわけです。
寝台列車のB寝台が70㎝あるかないかくらい
じゃなかったでしょうか?ダブルサイズで寝ると
B寝台の幅ですがセミダブルでねるともっと
狭くなります。

 

2人で寝る場合、お母さんと園児くらいのお子さん
なら丁度いいくらいじゃないでしょうか?でも
稀にいらっしゃるんですセミダブルで2人で寝ると
仰られる方。(^^; 睡眠の観点から考えますと
寝返りがしにくいなど問題はありますので寝難いと
お感じになられたらシングルサイズやセミダブルサイズで
別々に寝られることをお勧めします。

 

 

ちなみにこれは今、仕立て中のセミダブルのふとんです。
(今朝ほど仕立て上げました)お預かりしたふとんの綿の状態も
よく、新綿も足しておりますので仕上がりは良いですね。
あとは敷ふとんカバーの仕上がりを待つだけです。

セミダブルサイズは2人で眠るときと1人で
眠る時は綿の入れ方を変えてます。2人で寝る時に
1人で寝る時の仕立て方をすると眠りにくくなります。

 

 

僕が仕立てをするまでは親父が仕立てており
大まかな事は分かっていても詳細には分りませんでした。

 

元々、色々と気になる方なので実際に自分が作り出すと
色んな事が気になります。また、外注先さんで作って貰っている
ふとんもこうした方がいいんじゃないか?こういう風に
作られてるのはそう意味があるのか?と言った具合に
今まで見えて来なかったことが見える様になってきました。

 

今の様な綿のふとんが使われるようになったのは
木綿の生産量が増えてきた江戸中期頃と言われています。
その当時の綿ふとんがどんな風に作られていたかは
知りませんが長い歴史によって試行錯誤されてきて
今があるのでしょう。実によく考えて作られています。
ふとんの基本はやはり綿ふとんなんじゃないかな?
と思う今日この頃です。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

制作事例No.25『重さの考え方』

2017年8月17日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 綿製品

皆様、お盆はいかがお過ごしでしたでしょうか?
今年は雨が降り、甥っ子たちは海を楽しみに
丹後へやってきたようですが海に行けずじまい…

 

さて、お盆を挟んでしまい
制作が遅れておりましたインド綿100%の敷ふとん
完成しました。

 

 

このふとんをご注文頂いた時にふとんの
上げ下ろしが大変なので軽めの綿のふとんが欲しいとの
ご要望を頂きました。

 

ここでお店によって考え方がばらつきます。

 

①ポリエステル製の軽い硬綿の敷ふとん
②綿の混率を下げる(ポリエステルの比率を上げる)
③綿の量を減らす

 

綿の良さ、寝心地をよく知っておられる方に①のおふとんを
おススメすることは出来ませんし、えびすや自体が
あまりおススメをしておりません。②はポリエステルの
混率を上げると嵩がよく出るのでその分、綿の量を減らし
見栄えはふっくら!重さは軽いふとんが出来上がります。
③と同じですが底付き感が出てしまい、体が痛くなります。

 

えびすやの考え方は

 

④大きさを小さくする

 

大柄の方には出来ませんが背が低いお年寄りの
方でしたら通常のシングルよりも小さくても問題ないのです。
大きさを小さくした分、綿の量を減らすことが出来、
寝心地の質も落とすこともありません。ちなみにこの
敷ふとんは通常のシングルの仕立てよりも約1㎏軽く
なっています。

 

もう一つの選択肢は『ベッド』ですね。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

制作事例No.24『リフレッシュのその後』

2017年7月29日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 麻パット・ケット

 

羽毛リフレッシュをして約二年経った羽毛ふとんです。
元々、入っていた羽毛も良いですが足し羽毛も
そこそこ良いものを使っております。

 

これは軽い平織の軽量の生地を使っています。
生地が軽いという事は羽毛を押しつぶさないので
充填量を控え目にしても膨らみ全体的に軽い
仕上がりになるのです。

 

11~2年使用したものをリフレッシュしていますが
元の状態が劣化し過ぎていると仕上がりが悪かったり
足し羽毛を多めにする必要が出てきますがこれは
足し羽毛はあまりせずにすみ軽くて暖かいふとんに
生まれ変わりました。羽毛は劣化が進み過ぎる前に
リフレッシュをしましょう。

 

 

前回入荷した本麻のフラットシーツがほぼ在庫が
無くなり、麻生地一反分、フラットシーツを作りました。
在庫がタップリになりましたので、お買い求め下さい。

 

質感や蒸れ具合、保温性などをチェックする時に
えびすやでは一番最初に母が実験台になります。
それはかなり敏感だからです。今年から作って
貰っている本麻フラットシーツはとても具合が良いそうです。
もちろん、僕が使ってもヒンヤリとしてとてもいいですね。

 

僕だけが麻ずくしで寝てますと
子供が『お父さんのふとんはヒンヤリしてて気持ちいい!』と
ふとんの中に入ってくるんですが…。

 

子供の体温は暑い。。。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

制作事例No.23『復活!羽毛ふとん』

2017年7月26日 / えびすやにあるもの, 丹後の歴史, 寝具制作事例, 神社・歴史, 羽毛製品

丹後出身の方が丹後の神社の話の事でお二人訪ねて来られました。
丹後の神社の話相手が来てくれてとても楽しかったです。
郷土の歴史に興味が沸くのも生まれ育ったこの地が
好きだからこそなのかな?と思ったりします。ただ、
僕があまり詳しくないのが申し訳ないのですが(^^;

 

(ウィキペディアより)

 

今日、その方に教えて貰った事なのですが
丹後のお殿様だった京極高知の兄、京極高次の正室は
浅井初(常高院)と言って織田信長の妹、お市の娘だったんですね。
知りませんでした。勉強になりました。

 

 

さて、先日に目利きをさせて頂いた羽毛
仕上がってきました!なかなか良い感じです。

 

軽量の100番サテンの生地を使っております。
元々の羽毛ふとんは1㎏ありましたが生地を軽量のものに
変えましたので充填量も少し控え目にしています。
軽くて、従来よりもフィット感が上がるように
マス目に一工夫加えています。

 

そして、新毛の充填量も減ってますので見積もりよりも
少しお安く仕上がりました。

 

 

同じ羽毛を使ったとして生地が軽いと重いとでは
中身の充填量を調整する必要があります。例えば重い側地に
パワーのない羽毛を入れると羽毛ふとんがペタンとなります。
軽い側地にパワーのある羽毛を入れすぎるとパンパンに
はってしまい。身体に沿わなくなってしまいます。生地と
縫製とどんな羽毛をどれだけ充填するかのバランスは重要です。

 

お預かりしたこの羽毛ふとんはピリングが
見られましたがいい感じに嵩が戻り良くなりました。
お預かりした時期もよいくらいの時期で
先延ばしにすればする程、劣化が進みます。

 

軽くて身体にフィットし暖かくお使い頂ける
羽毛ふとんに生まれまわる事が出来ました。(^^)
使いだして10年近く使いだし以前のように膨らみ
がなくなってきてるのが気になられたら
お気軽にご相談ください。診断させて頂きます。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

制作事例No.22『染まりました』

2017年7月11日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 敷ふとん, 綿製品

あっつい日が続きます(´・ω・`)
昨晩なんかなかなか眠りにくい夜だったのでは
ないでしょうか?まずは帰ったら寝室の空気を
入れ替え室内の気温を下げましょう。それから
エアコンを使った方が効果的です。

 

 

そして、寝具も工夫してみましょう!
夏場は麻がおススメです。エアコンを使わなくても
良い日が一日でも増えればいいじゃないですか。
麻は肌に纏わりつきにくく、ヒンヤリ感があり
汗を素早く吸収し蒸れさせない特徴があります。
また、エアコンと麻を併用した場合、エアコンの冷気を
麻が吸収しますのでさらにヒンヤリ感が出ます。

 

 

 

 

麻100%(ラミー)のオリジナル製シーツを
柿渋染めしてみました。僕は染が上手では
ありません。柿渋の効果を求めての事なので
ムラやシミはあります。(^^;

 

質感はかなりシッカリ目でシャキッとしてます。
ソフトな感じの方が良い方は染のない方が良いですね。

僕は柔らかいよりも夏はシャキッとしてる方が
涼しくて好きです。

 

 

作業場は二階ですので日中は暑くて暑くて(^^;
午前中は捗るのですが午後からは…。

 

みなさん、暑さに負けずにがんばりましょう!

 

  

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

10 / 15« 先頭...5...9101112...15...最後 »
ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK