カテゴリー「寝具制作事例」の記事

制作事例No.52『親父に教えて貰っておけば…』

2018年2月1日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 綿製品

先代をご贔屓にして頂いていたお客様からのご要望で
肌掛けふとんの制作ご依頼です。残念なことに先代の親父からは
ふとんの作り方については殆ど教えてもらってないのです。
多分、作り方が大分違うはずです。

 

肌ふとんと言いましてもお話を聞いていると
どうもエジプト綿で作った肌掛けふとんの様です。
エジプト綿の特徴はと言いますと

 

〇真綿の様な風合い
〇ピタッと肌に吸い付く。
〇フワフワとしていない。
〇身体にフィットして暖かい

 

こんなキーワードからエジプト綿では?と
思いエジプト綿で作ってみました。額縁仕上げではなく
ケヌキ仕上げです。ステッチを掛けたり、綴じる箇所が
多いので結構手間が掛かります(^^;

今回は紐穴付きで側を縫ってみました。
紐は裏地を三つ折りにして端を縫い込んでます。

 

 

肌布団なのでカサがありませんが
じつはコレ、凄く暖かいのです。
このエジプト綿と言うのは繊維が細くて長く柔らかいのが
特徴でしな~としてるのです。だからふとんが柔らかい
フニャフニャな感じなのです。(そのぶん作りにくいです…)
だからフィット感が抜群です。

これも和綴じでポイントで留めているに対して
これをミシンでキルティングすれば手間もかかりませんが
柔らかく身体にピタッと引っ付くような風合いは
弱くなってしまうでしょう。

 

 

感覚もまるで真綿ふとんを着てるような風合いです。
中綿は約1.4㎏と軽めです。まだ試した事がないのですが
羽毛ふとんの中に入れて使ったらかなり暖かい様な気がします。

 

親父は何も言わずに倉庫にエジプト綿の在庫を
残してあちらの世界に行ってしまったわけですが
親父は結構、お客さんにエジプト綿で仕立てたふとんを
薦めてました。それは良さをよくわかってたからでしょう。

 

側地にポリエステルを使用してたり
未熟でスカスカのダウンを使った羽毛ふとんを
使うくらいなら遥かに綿わたのふとんを使った方が
心地も良ければ値段だって差がありません。
羽毛ふとんにこだわり、質の悪いものを使うくらいなら
綿わたの寝具をお使いになられる事をおススメします。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

制作事例No.51『高貴な敷ふとん』

2018年1月28日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 敷ふとん, 綿製品

紫って高貴ですね!
僕には恐れ多い色で御座います(^^;
生地も光沢があり滑らかで良い生地です。

 

 

背の高い男性が使われるので
ロングサイズ(210㎝丈)で仕立ててあります。
それと芯にインド綿を使いコシを出しています。
打ち直したおふとんを預かると古綿を芯に
してる場合がありますが新しい方を中にした方がが
弾力、コシが出ます。

 

 

これからの進学就職用にお買い求められる事が
多い。英国産ウール100%の掛けふとんが入荷です。
最近のお手頃な羽毛ふとんはほぼ羽毛の側地が
ポリエステルです。これでは羽毛の持つ良さが
活きていません。(羽毛の質も良いとは言えませんが)

 

進学時に住まれる部屋は気密性の高いマンション
ふとんを干すスペースが無い。学校、バイトで部屋に
いる時間が少なくなかなか干せない。。。
そういう場合、吸湿発散の良い動物系の繊維が向きます。

 

ふとんの肌沿いをよくするために
通常格子状にガッチリとキルトをするのですが
ポイントキルトにしています。肌の当たる面は
ウールの吸湿性を活かすために綿100%の通気性の良い
ガーゼを使用しています。使っている素材の質を
考えるとかなりお手頃価格です( ̄ー ̄)ニヤリ

 

仕事の為、進学の為に一人暮らしをされる方
どっちにしろ、睡眠がシッカリと出来ていないと
良い仕事の成果も学業の成果も得られません。
寝具なら何でもよいではなくシッカリと眠れる
寝具をお使いくださいね。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

制作事例No.50『おばあちゃんの手作り〇〇〇はお宝』

2018年1月26日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 綿製品

見た感じ、ご家庭で作られたおふとんの様です。
昔はご家庭でふとんを作る事は決して珍しい事では
なかったのです。パッと見、何となく解ります。

 

 

物干しざおに掛けて
綴じを解いていきます。中綿はお客様先で
ふとんを開けさせて頂き、確認しております。
結構、古いものですが大切にされており
定期的にシッカリと日干しをされてるので
元々の綿質も良いうえに状態もとても
良いふとんです。こういうおふとんに

出会うと嬉しいもんです(^^)

 

 

古いおふとんに多いのですが
とにかく重いのです(^^;シングルよりも一回り
小さいサイズに5㎏以上昔は入り目が多かったのです。
折角、良い綿なのですがどうしても重いので敬遠
されてしまいます。

 

でも…

 

仕立て直す事によって軽く、新たな掛けふとんを作り直
すことが出来ます。今回のご要望は軽くしてみんなが
使いやすいものに作り変える事。リフォームです。

ここでタイトルに繋がるのですがタップリと綿が
ある事が生きてきます。お宝の所以です(^^)
えびすやの掛けふとんはシングルで3.0kg~3.4kgで
お作りする事が多いのでお預かりした枚数以上出来ます。

 

質の良い綿は残しておいて下さい。
お宝ですから。ポリエステル綿やウール混の掛けふとん
よりもめん綿のおふとんの方が具合が良いですから。
この時期、ポリエステル100%のふとんなんて寒くて
眠れませんよ!(><)

 

綿ふとん仕立て直し→こちらをご参照下さい。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

制作事例No.49『シックリと肌に馴染むエジプト綿』

2018年1月16日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 綿製品

寝具の素材にも色々とあるわけでして
軽いもの、吸湿発散の良いもの
肌に馴染むもの、保温性の高いもの
素材の価格が高いもの
それぞれ特徴があるわけです。

 

この時期、寒いので暖かい布団を
下さいと尋ねられたら真っ先に進めるのは
羽毛ふとんです。暖かくて軽い。ベッドで
寝てる場合だと尚更です。

しかし、中には羽毛嫌いの方と言うのが
ちょこちょこいらっしゃいます。その多くが
一度は使ってみたものの…。臭いであったり
作り方の問題で身体に沿わず暖かくないな
どあまりいい印象をお持ちでない場合があります。

 

羽毛以外となると真綿ふとんなんかが
おススメですが価格がそれなりにします。
そして今日、仕立てました綿ふとん。
これがなかなか良いんです。綿の中でも
最も高級なエジプト綿で仕立てております。

エジプト綿と言うのは物凄くしなやかで
ふにゃ~っとしてるのが特徴。ふにゃ~と
してるという事は肌によく吸い付くのです。
ふとん屋さんではドレープ性が良いと表現します。

 

肌にピタッと沿い。そして暖かいのです。
今の時期でしたらこれに薄手のケットを重ねれば保温性が増し
かなり暖かくなります。アクリル毛布やポリエステルの
肌ふとんは避けた方が良いです。綿の良さが損なわれます。

 

えびすやで扱いのあるモノでしたらウールケット
パシーマをおススメします。どちらも軽いので
軽さを求める場合やベッドで使う場合にも適してます。

 

 

中わたの量は2.8㎏と軽めですし
身体によく馴染むのでベッドからダレの部分の
ひっぱりが少なくなり身体の負担を軽減します。
今回は洋風の生地でしたのでケヌキという仕立て方を
してみました。

 

側生地がポリエステルだったり
質の良くない羽毛を使った
羽毛ふとんを使うよりも

 

遥か遥か上の寝心地です!

 

エジプト綿と言うのはホントに
具合が良いんです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

制作事例No.48『座布団と羽毛』

2017年12月23日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 綿製品, 羽毛製品

バタバタしておりブログの更新が遅れがちに
なっております。今年も残すところあと数日です。
一年が過ぎるもの早いものですね。

 

年の瀬も迫ってきました。
もう、お布団の仕立て直しは年内のお納めは
出来ませんが新調する場合は綿の在庫がある場合は
お受けさせて頂きます。しかし、ちょっと年内は
厳しいかもしれませんが…(^^;

 

 

掘りこたつを新調されたのを期に
コタツの周りに敷く長座布団をお作りさせて
頂きました。綿はシッカリ目に入れております。

 

 

羽毛ふとんのお仕立ても年内のお納めが
間に合うのは明日くらいの注文が間に合うかどうか…。
年内の仕事もボチボチと納めに入りつつあります。

 

この羽毛ふとんは
中国産のホワイトマザーグース95%を使用しています。
場所も昔の満州と言われる地域で育っており、中国の中でも

環境の良い場所で育てられています。

 

えびすやは羽毛の質を見て仕入れています。産地も
一つの目安ですがそれ以上にそのダウンの品質を最優先
しております。

 

 

芯がしっかりとありスティッキーでですので
ダウンがくっついてきます。価格面から見てこれは
とても良い品質ですね。生地も軽量かつ肌に吸い付く様な
滑らかな生地を使用しております。いやぁ~これは
良い羽毛ふとんですよ!( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK