カテゴリー「制作事例」の記事

制作事例No.33『思った以上に良かった』

2017年9月26日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

秋口ですのでドンドン寝具が入荷してきますので
そのお話が多くなってしまいますがお付き合い下さい(^^;

 

 

先日、メーカーさんに寄らせてもらった時に
たまたま、見せて頂いたダックダウンが凄く
良かったのでえびすやの定番外ではありますが
作って貰いました。

 

 

良かったと言いましてもハイスペックで
文句の付け所がない高級品という事ではありません。
ダックダウン85%ですからどちらかと言えば
お買い得品の部類になりますので同じ
ダックダウン85%でも中には目を
当てられないレベルのものもあります…。

 

 

けれど、これは
『えっ!こんなにいいの?ホントに85%?』と
思うくらいダウンの粒が結構大きいのが
多く混ざっており(ダウン率は表示通りくらい)
なかなか良かったのです。

 

 

生地は綿100%の平織の生地をあえて使ってます。
価格をリーズナブルにするのが一番の理由ですが
サテンなどと比べたら硬くごわっとしていますが
生地が軽いのが特徴です。(質のいいサテンは軽いです)
軽いので羽毛の断熱してくれる層が膨らみます。

 

 

縫製は5×6マスです。フィット感を高める為に
市販のものよりも細かくしています。

 

 

えびすやとしては専門店ですので品質は重視
しておりますがそこだけにこだわらずに
自店でオリジナル製品を作っている事を活かし
こういう製品も取り扱っております。お陰様で
リーズナブルでいい羽毛ふとんが出来ました!

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ:

制作事例No.32『作り置き』

2017年9月25日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, 制作事例, 敷ふとん, 綿製品

手作りの職人仕立てのおふとんは
オーダーを頂いてから制作しております。
仕事が重なっていませんでしたら直ぐに
取り掛かれるのですが注文が重なっていたり
仕立て直しの場合は綿の打ち直しを
しなくてはなりませんので直ぐにお渡しが
出来ません。

 


 

なので時間がある時に少しだけですが
作り置きをしています。(あったりなかったりですが)
綿は徳用の綿80%ポリエステル20%の混綿ですが
綿はシッカリ目に入れてます。混綿はカサが
出やすいので綿を少なめに入れるケースが多いですが
少なめにすると底付き感がありヘタリやすくなります。

 

何故、この生地を使ったかのかですって?
それは…前回勢いあまって余計に裁断して
しまったからです。(笑)丁度シングル一枚分。

 

 

えびすやの秋の風物詩となりました。

 

 

『久留米半纏』

 

こちらも入荷しました。よく見かける
ポリエステル綿100%の半纏ではありません。
本場、久留米で昔ながらの作り方をし、
綿わたを使っています。ですから保温力が
全然違います!暖かいです。一度買われた方が
その良さ肌で感じられ、ご家族にプレゼント
されるケースがとても多いです。

 

女性の方には寝る前に水仕事を
されるケースが多いので奴をメインに
男性は袖がある半纏をメインに在庫しています。
売り切りゴメンですのでお早めに。

 

 

ご来店お待ちしております。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

制作事例No.31『お昼寝敷ふとんは年中売れてます』

2017年9月21日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 敷ふとん, 綿製品

若いお母さんとお話してると保育園の
お昼寝ふとんの質がかなり悪い…。のを実感します。
僕の娘も最近まで保育園に通ってましたので
その実情は肌で実感しています。兎に角薄いのです。
まず、自分自身のふとんを選ぶときあんなに
薄いものを選ぶだろうか?と思えてきます。
元々薄いうえにヘタるのも早いのです。

 

大人でも薄いふとんで寝ると身体が痛くなります。
子供も同じで薄いふとんで寝ると身体が痛いです。
それ相応に厚みは必要です。市販のものはポリエステルや
固綿が入ってます。石油系素材で湿気に逃げ場が
ありませんし。冬は寒いです。

 

今回、お昼寝敷ふとんをお作りさせて頂きました。
子供さんが持ち運ぶことを考慮して綿の量を入れてます。
尚且つ、ヘタリの事も考えながら工夫して仕立てております。

 

綿入れ後のクケの途中です。綿を入れた後の
口を縫います。

 

 

綴じもふさも付けて完成です。

 

 

カバーもセッティングしてお納めします。
お昼寝ふとんのカバーは大半がキャラクターの
柄が付いていたりします。えびすやは基本的に
綿100%の白をおススメしています。それには
意味があっての事なのです。

 

白は安全の白です。万が一、嘔吐などが
あったとしても先生に気付いてもらいやすいのです。
柄が派手だったり濃いと柄に紛れて気付きにくく
なります。だから、えびすやは基本は白をおススメ
しています。

 

子供のお昼寝ふとん、なんとかしてあげんと
子供らが可愛そうですね。(赤ちゃんも同様にですが)

 

ちなみに裏にある座布団は以前お預かりした綿
を打ち直し、座布団に仕立てました。無地の生成りの
生地にしお好きな座布団カバーを掛けて楽しんで
頂けるようにお作りしております。古い綿でも
再利用が出来ます!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

制作事例No.30『品質は維持した方が良い』

2017年9月18日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

昨日の台風は日本を抜けたようですが
雨が沢山降ってますので土砂災害などには
気を付けないといけません。思ってた以上に
被害があり、被害に遭われた皆様には
心よりお見舞い申し上げます。もう、台風は
これ以上は勘弁して頂きたいものです…。

 

羽毛の目利き

 

さて、今回の羽毛の目利きです。
20年以上使われた羽毛ふとんですが触診では
羽毛の反発がそこそこ、感じられ状態は
悪くありません。リフレッシュ可能と判断しました。
某有名メーカーの製品で側地もかなり良いものが
使われております。

 

 

 

案の定、良い羽毛でした。使用年数の割にファイバー
(羽毛が千切れたゴミ)が少なく、元の羽毛の良さが
伺えます。

 

しかし…。
これはどんな羽毛でも避けられない事ですが長年
使い続けると汗や皮脂がしみ込んでいき羽毛に
付着し汚れてきます。この汚れが羽毛の絡みを生み、
嵩減りする原因となります。この羽毛もピリング
しているのが目立ち始めていますが大丈夫です。

 

 

品質を落とさない方がよい。

 

羽毛ふとんのリフレッシュをする時に予算がありますが
出来る限り、元々入っている羽毛、また側生地に合わせて

羽毛リフレッシュをされることをお勧めしております。

 

 

特に側生地の質を落とすと薄くて軽く、滑らかな生地が
生地が厚く、硬い生地になってしまい、今までの感触と
全然変わってしまいます。また、中身の羽毛も買った時の
状態に近づける事を考えるのであれば質の近いものを
足し羽毛に使った方が良いです。特に良いものをお使いに
なられそれを実感されてる方にはよく感じられるかと
思います。

 

逆に良い羽毛を使い、良い側生地なのに使いにくい
羽毛ふとんの縫製の仕方や羽毛の詰める量に問題が
あって使いにくい事があります。そういう場合は
羽毛リフレッシュをする際に縫製と充填量を変える
事で使い心地を大きく改善することもできます。

 

 

今回も元々の品質を維持する方向でおススメさせて
頂きました。仕上がりがとても楽しみです(^^)
心地よい羽毛ふとんに生まれ変わる事でしょう。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

制作事例No.29『綿100%こたつふとん』

2017年9月10日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 寝具のはなし, 綿製品

昨日、ねこじゃらしさんに広告を掲載させて
頂いたせいもあり、枕や敷寝具に関するお問い合わせや
ご相談を頂いております。枕にしろ敷寝具にしろ
自分自身の身体と合っていないと眠りにくい原因に
(腰痛、肩こり、首痛、身体のだるさ、腕のしびれetc)
なります。寝具はそれそのものに対する治療具では
ありません。身体に負荷の掛からない寝方がスムーズに
出来る様に自分自身の身体に合わせてやることが重要です。

 

 

まだ、ひと月くらい早いですが
丹後では祭り頃の10/10が過ぎるとこたつを出す
なんてよく言われています。そんな意識を
していなくとも思い起こしてみると大体、その時期に
不思議と出しています。

 

えびすやのお客様に日記を付けていらっしゃる
方がおりましてその方は衣替えなどの季節の節目に
していることも一緒に記述されてるそうで
この10/10ほぼ一致してるそうですよ(^^)

 

一般的に販売されているこたつふとんは
ほぼ、中綿がポリエステル100%です。基本的に
ポリエスル綿は保温力がありません。側地の影響も
受けますがTC(ポリエステルと綿の混紡)の生地
ですと熱は逃げます。

 

これを昔ながらの綿わた100%のモノにすると
保温力があり熱が逃げません。僕が綿わたの
こたつ布団をおススメするもう一つの理由。

 

『感触』

 

綿の風合いがいいですよね。

 

20種以上の無地カラーのブロード生地からシンプルな
ベージュを選んでいただき作らせて頂きました。
メキシコ綿100%を3㎏使い、大きさは210㎝x210㎝。
90㎝角の正方形のこたつでも十分余裕もあり
しっかりとした厚みもあります。これで23,000円です。
オーダー品ですので自分の好きなサイズで作れます。
もう少しお安いポリエステルを混ぜた混綿タイプも
ありますがメキシコ綿100%がおススメですね!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

4 / 10« 先頭...3456...10...最後 »


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿