カテゴリー「カバーリング」の記事

涼感

2016年8月4日 / カバーリング, ベッド・マットレス, 日々の話

暑い日が続きますね(´・ω・`)困ったもんです。
ご来店頂く、お客様との会話も大半が

 

『暑い!(><)』

 

これに尽きる次第です(^^;暑いとなればやはりこの時期
麻をオススメしますが中にはあのザラつきを好まれない方も
いらっしゃいます。そこでシルキータッチの滑らかな感触で
あり接触涼感の強い素材のシーツを扱っておりましたが
材料が手に入らなくなり泣く泣く定番から外しました・・・。

 

それに変わる素材が見つかり
メーカーさんにお願いして送ってもらいました。

 

1716

 

竹から作った繊維です。触った感じヒンヤリ感が結構あります。
洗濯繰り返してみたり実際に使ってみたりと試してみたいと思います。

 

本来はお預かりはしないのですがひとり暮らしのおばあちゃんの
家からベッドを預かり解体してみました。ベッドはそのまま処分場に
持ち込めません。ベニヤ板・金属部分のフレームと中のクッション材とに
バラしました。

 

1718

1717

 

圧縮ウレタンチップが使ってありました。ウレタンの端材を粉砕して
圧縮して固めたものです。汗が敷寝具を経てウレタンを透過しベニヤ板に
到達します。これはなんともありませんでしたがウレタンと底板のベニヤとの
間に水分が溜まりカビを生やすケースがあります。

 

ベッド=ふとんは敷きっぱなしで良い

 

と言うわけではありません。ベッドでも湿気の逃げにくい構造の
ものはそれなりに考えなくてはなりません。特に丹後は湿度が高く
冬場は結露しやすいのでご注意を!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します
                   ※携帯電話キャリアメールからのメールは返信が届かない場合があります。

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

待ってました良い天気!

2016年5月4日 / えびすやにあるもの, その他, カバーリング

丹後だけではなく昨日のお天気は荒れ模様(><)
皆さんのご予定に釘を刺された様な感じになってしまいましたが・・・

 

今日は最高のGW日和!

 

僕も中一日、開きましたが柿渋染めの作業再開です。

 

1528

1529

 

今日は二回目の染めです。天気も良いので色が濃くなると思います。
素人っぽいこのシワが案外いい感じになるのです(^^)

 

今朝、お願いしていた試しに作ってみた和晒二重ガーゼの掛ふとんカバーが
出来上がってきました。

 

1530

 

『和晒』という昔ながら方法は大きな釜に入れて2日炊き続けながら
晒していく方法があります。加工に費やすが掛かる分、繊維がダメージを
受けにくいので生地が丈夫で、綿素材が持つ良さを引き出し、吸湿性が
良く、柔らかい風あいになるのが特徴です。

 

以前作ったシングルガーゼは軽くて肌触りがよくこれからの時期に
ピッタシですがダブルガーゼは今の時期、羽毛掛けふとんに掛けて
1枚使いするのが気持ちいいと思います。二重ガーゼはガーゼとガーゼの間に
空気層ができるので温かみがあります。秋~冬~春に向く素材かと思います。

シングルガーゼ同様、シッカリ目で風合いもいい感じで
新たな定番品が増えそうな予感です( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

出来あがる。

2015年10月8日 / えびすやにあるもの, カバーリング

娘と近所へ一緒に配達へ

1180

坂道を跳びはねる様に一直線に下っていきます。
僕がすれば膝をいわしてしまいそうです(^^;若いっていいね!

帰って、メーカーさんからの荷物を開けると制作をお願いしてた
掛ふとんカバーが出来上がってきていました(^^)

1181

シングルガーゼの掛ふとんカバーです。
羽毛ふとんの良さを活かし、お年寄りなどが使われることを
イメージして作ってます。500gありませんのでかなり軽いです。
ブロード地に比べて地に比べてあたりも柔らかくヒンヤリ感もありません。

生地を作るときに不純物を取り除く『晒加工』という工程があります。
現代は生産性が求められる時代ですから自動の精錬装置で晒が行われます。
加工時間も短く済みます。

一方、『和晒』という昔ながら方法は大きな釜に入れて2日炊き続けながら
晒していく方法があります。加工に費やすが掛かる分、繊維がダメージを
受けにくいので生地が丈夫で、綿素材が持つ良さを引き出し、吸湿性が
良く、柔らかい風あいになるのが特徴です。

このシングルガーゼのカバーは昔ながらの和晒で加工されたカバーです。
触った感じもしなやかなで普通のガーゼとは違うのが解ります。
丁度、今くらいから使うと気持ちいいですね(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , ,

挨拶

2015年8月6日 / えびすやにあるもの, カバーリング, 寝具のこと

暑い日が続きます。そんな時の挨拶ときたら・・・。

『何もしてないのに疲れますなぁ』?
『汗が止まりませんね(;´∀`)』?
『暑すぎてボーっとしなすなぁ』

こんな時の挨拶の会話は事欠きませんね(笑)?

今日は麻のシーツを柿渋染めしております。
三回目の染で少し色がつき始めましたが今日みたいな
日差しの強い日は一気に発色が進みます。

先日、ふとん屋の仲間から電話がありました。

『えびすやさん、◯◯◯マットレスってカビたことある?』

えびすやでも取り扱いのあるマットレスです。一応、湿気を考慮
した作りにはなっておりますが、敷きっぱなしにしたりすればカビは生えます。
しかし、そのふとん屋さんでは初めての事例だったそうで驚かれていました。

恐らく、湿度の差じゃないのかな?と思います。今日のえびすやの湿度は75%
丹後は結構高いんです。Googleで湿度を調べてみると

京丹後  89%
高槻    60%
寝屋川  60%
池田    63%
堺     67%

もちろん、住環境や日によってであったり場所(溜池、川沿い、山裾)によっても
湿度は大きく変わりますが丹後の方が大分高いんじゃないかと思います。
ですから、大阪では問題なかったものが丹後では×と言うこともあり得るということで
地域性を考慮しないといけないと思います。その湿気という点に置いては
えびすやはかなり神経を尖らせてるんじゃないかな?と思ったりしています。

よく聞かれる事ですが

『すのこベッドだったら結露は大丈夫ですか?』

ベッド=敷きっぱなしの認識ですとカビを生やしてしいます。
すのこの部分にカビが生えマットレスがシマウマみたいな事にも(><)
ウレタンなどは結構、危険かと思います。(その他にも蒸れなどの問題も)
丹後は特に湿度が高いですから敷きっぱなしはダメです。出来れば
その辺をある程度考慮したマットレスを使うのがいいんじゃないかな?と思います。

地域には地域の気候の特性がありますのでそこを
考慮した寝具を考えた方が良いんじゃないかと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

予定が大幅に遅れましたが完成

2015年7月19日 / えびすやにあるもの, カバーリング, 麻パット・ケット

予定が大幅に遅れましたが出来上がりました。

えびすやオリジナル本麻敷きパットです。中綿は麻100%(ラミー)
側地もヘムも全て麻100%で出来ております。中綿は1,2kg入っております。
僕が感じるのは麻綿はシッカリと入ってるようが気持ちが良い様に感じます。
背中がスッキリと爽やかなのです。それは綿の量により汗の吸湿量が多くなるからです。
この中綿の量は市販で売られている麻パットの中でもかなりシッカリ目の量です。
(えびすやの麻パットは2種類あります。もう一つはこちら

えびすやで材料調達をし製綿も加工・縫製を工場へ直接お願いし
価格を抑えて作ってます。ですので色も染のない真っ白です。(^^;

下に敷いてある、生成り色したシーツはコアラの餌であるユーカリを
原料として作らています。素材は自然由来のものですがから性質は
自然素材そのものです。これがなかなかのスグレモノでして

◯接触涼感がある
◯吸湿性がとても高く、放湿性が高いので背中がサラリとする
◯湿気を素早く繊維内に取り込むので雑菌が繁殖しにくい。
◯シルキータッチで肌触りがとてもよいが生地はシッカリしている

これはとてもこの時期に適したスグレモノ( ̄ー ̄)ニヤリ
えびすやのロングセラーです。使い心地が良いのでファンが多いんです。
これも協力をお願いして加工・縫製をしてもらっております。

少しずつではありますがえびすやオリジナルの定番品を増やしております。(^^)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK