カテゴリー「本」の記事

開店休業。読書日和。

2014年8月9日 / 丹後の歴史,

ついに京丹後市にも警報が出ました。
台風11号には皆様十分お気をつけ下さいね。

でも案外と小雨だったりします。
運送会社さんはちゃんと荷物を持ってきてくれます。
なのでお客様にお届けしなくてはならない
別注品や加工品はお店にはありますが
流石にこんな日にお届けできませんね(^^;

今日はお店も暇です(^^;

こんな日には

読書がいいですね!コーヒーでも飲みながら(^^)

本は面白いものを見つけたらどんどん買っていくのですが
読むほうが追いつておりましせん(><)というのも子供を
寝かすときに自分も一緒に寝てしまうのです(笑)

お陰で睡眠はバッチリとれておりますが本が読めません。
こんな時にはジックリと読書をしたいと思います。

読みたいなと思っているのは

『出雲と大和のあけぼの-丹後風土記の世界-』
著者:斎木雲州 大元出版 2,100円(税別)

京丹後市内だけでも古墳は約6000基あると言われており
遺跡からは珍しいものが出土したり、製鉄所跡がみつかる
など丹波の国は大きな力をもっていてにも関わらず
歴史の表舞台には出てきません。ですから、丹後の古代史に
ついて書かれた本も少ないです。

ほんとは奥ふか~い!歴史を持っているはずなのに…。

追伸:丹後の歴史に関わる歴史本は淀徳書店さんが充実しております。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

古事記のススメ

2014年7月17日 / 日々の暮らし,

最近、神社へ行く時間がなくてUPの回数が
減っております(^^;

僕が神社へ行くようになったのは元々、好き
だったのかもしれませんが子供が何故か神社が
好きでよく連れて遊びに行ったからです。
一時期は、車に乗せてると鳥居が見えただけで
そこの神社へ寄ってくれとせがまれたくらいでした(笑)

それから丹後の神社や歴史に興味を持ち始めて配達や仕事が
ある時にはその先々や途中に神社へ寄っておりました。

日本は八百万の神々がいる国ですから地域、神社の系統、
歴史的な背景…様々な理由で祀られる神様も異なり、
鳥居の形、社殿の形もまた変わり、ご神木なんかを見ると
とても清々しい気持ちになったりします。(^^)

その中で神様についてですが、祀られている神様を見ても
ピンと来ませんでした。そりゃそうです。その神様のことを
知らないのですから当然ですよね。(^^;

その神様の事を知るにはどうしたら良いのか…。
その考えた結論が『古事記』だったわけです。

古事記を読まないと古代のことや神様の事はわからないのです。
たぶん。読むとこの神社に祀られている神様はどういう神様なのか
古事記の神話の中ではどういう位置づけでどういう神様と縁があるのか?
などがわかり神社巡りが楽しくなるんです。

古事記に書かれていることが絶対的で史実だとは思いませんが
編纂時の権力者であった藤原氏の都合によって書かれているとも
言われてますが読んだほうが良いと思います。

また、竹田恒泰氏の書かれた『現代語古事記』は僕みたいなこういった事に
今まで触れたことのないような者でも読みやすく解りやすいですね!(^^)
きっと古事記や古代史に興味を持つキッカケになるかと思います。
平行してDVDも見てますが竹田恒泰氏は話が上手いので頭に入りやすいですね。

文庫本が発売されましたので持ち歩きやすくなりましたし
お値段も709円(天皇の物語も同じ値段)とリーズナブルに!

丹後でしたら淀徳書店さんの大宮店でしたら確実に置いてあるはずです。
(僕も淀徳書店さんで買ってます)何故なら…。

歴史系著書が充実している!

からです。これは1年以上前に撮った写真なので今は
もっともっと充実しております。また、丹後に関連する歴史的な
著書はかなりの充実ぶりです!こんな田舎ではあり得ない
くらいに充実しております。社長さんには感謝ですね。
歴史に関する著書を買うなら淀徳書店さんだと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

成り行きでビブリオバトルに参戦(><)

2014年3月10日 / 日々の暮らし,

今、丹後ではココ丹後という面白いイベントが開催されています。
昨日、よく内容も解らないまま『好きな本を持ってきてね~!』と
言われるままに…。会場のオーデザインチャンネルズさんへ。そして

ビブリオバトルに参戦決定!

順番決めじゃんけんにも勝ってしまい1番目

だけどビブリオバトルって何?皆さん知ってます?
困った時のWikipediaで調べてみますとちゃんと
ありました。(笑)以下抜粋します。

ビブリオバトルの公式ルール

1、発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2、順番に一人5分間で本を紹介する。
3、それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4、全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を
参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする

いかに紹介した本を読みたくさせるかのプレゼンテーション
ということです。結果は聞くまでもなく、何も考えずに参戦
したうえ、人前が全然ダメな僕は時間を半分近く余らせて
テンパッておりました(笑)まぁ、内容も当然、酷いもんでして(^^ゞ

僕自身はプレゼンテーションなど話にならず全然ダメですが
他の人の話を聞くのはとても面白いわけでして、その中には
見事にこの本を読みたい!とハートを射抜かれてしまいました(笑)
僕の嗜好にはストライク!

 

表紙の内容だけでも興味深いですね。戦前から30年近く
昔まで調査された濃い内容が書かれているはずです。
これを発表した彼の言葉からもその濃さを感じ取ることが出来した。

僕のおじいちゃん世代は当時、どんな田舎暮らしをしていた
のでしょうか?僕が幼かった三十数年昔でも今の暮らしとは異なり
ます。まだ、薪で風呂を沸かしたり、練炭や豆炭を燃料として
使う家がまだまだあった記憶があります。

さて、30年後には僕の子供たちはどんな変化を感じるのでしょうね。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

3 / 3123


ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿