羽毛ふとんの上に毛布を乗せる?中に入れる?

2019年11月14日 / えびすやにあるもの, ケット・パット, 寝具のこと, 羽毛製品

これはお問い合わせや相談、質問を頂く
上位トップ5に長年君臨する件です。
解りやすくまとめてみましたので参考になればと
思います。

 

 

 

 

『羽毛ふとんの上に毛布を乗せたら良い?』
『羽毛ふとんの中に毛布を入れたら良い?』

 

 

 

どちらが正解だと思います。これ、お客様に
よく尋ねられる事なのです。大半の方は
上に乗せた方が良いと仰られます。

 

 

僕はどちらも正解だと思っております。
問題はどんな毛布なのか?という事です。

 

 

上に置いたら良い場合と言うのは主に

 

 

①アクリル毛布などの化繊系のもの。
②中身を詰めすぎて膨らみ過ぎている羽毛ふとん。

 

 

 

①の場合はアクリル毛布は良く滑ります。
中に入れるとふとんがよくズレ落ちたり
毛布ごとズレ落ちます。それと羽毛は寝床内の
湿気を吸収し発散させる働きがあり湿度を
抑える事で蒸れを防ぎ、暖かしてくれるのですが…。
アクリル毛布を中に入れるとその流れを
シャットアウトしてしまうのです。

 

 

②これはよく言われる理由です。最近は減ってきていますが
昔の羽毛ふとんは見栄えをよくするのに羽毛を詰めすぎて
いました。それ故に膨らみ過ぎて身体にフィットせず
隙間が出来て寒いのです。それを毛布で重しをすると
身体にフィットし保温力が高まります。

 

 

毛布を上に乗せうるかどうかはどちらが正解か
というよりもケースバイケースだと考えるのが正解です。

 

 

寝具は自然素材が良いと考える弊店としては
アクリル毛布自体(毛布の素材)に問題があるという事
そして、羽毛ふとんに問題がある事。上に乗せた方が良い
のはそういう場合だと思います。重石で乗せたりするので
あれば別に毛布である必要もないと思いますし、
羽毛の肌掛けふとんだってよい訳です。重い二重マイヤー

毛布などを乗せて無駄に重くするのもどうかと思います。
羽毛ふとんを使う理由の一つが『軽さですから』

 

 

 

ウール、カシミア、シルクなどの上質な毛布をお使い
でしたら中へ入れた方が具合良いと思います。僕自身
冬場はウールケット、シルク毛布を使いますがどちらも
中に入れています。その方が暖かいです。そして、出来れば

折角ですから軽いものをお使いになられると良いかと思います。
綿ふとんをお使いの場合も中へ入れて下さい。

 

 

そして、羽毛ふとんの構造(側生地の素材・中身・縫製の仕方)が
ちゃんとしているかも大事な事です。羽毛ふとんは側地の中に
ただ、詰めればそれでよいという訳ではありません。

 

 

そして、羽毛ふとんの
質そのものが悪くて保温力が無いという場合もあります(^^;
それはどうしようもないですね…。

 

 

 

えびすやの得意な仕事

 

 

 

羽毛ふとん・枕・綿ふとん、オリジナル寝具オーダー等の製作事例は⇒こちら
1人1人の身体に合わせ寝易くする寝具調整の事例は⇒こちら
ムートン職人が目利きをした価値あるお値打ちのムートンとメンテナンス⇒こちら

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

Tags: , ,

Comments are closed.

各種クレジットカード・PayPay対応

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
※御来店前に連絡を頂けると幸いです
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

 

Gamada Hidemasa

 

睡眠や寝具の事はプロの目線で、丹後の神社や
歴史の事はよく理解せず書き綴っております。
寝具製作技能士、上級睡眠健康指導士
羽毛診断士(ダウンプロフェッサー)等の
資格を持ってます。お気軽にご相談下さい。
お越しの際には連絡を頂けると幸いです。

 

フォローしてね

LINK

 

 

過去の記事はこちらで

クリックしてね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ