神宮とご縁のある寝床

2018年1月14日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス, 神社・歴史


ウィキペディアよりお借りしました)


神宮備林ってご存知でしょうか?
字の如く、式年遷宮には沢山のヒノキ材を必要とします。
その材料を供給する林の事です。一度の遷宮で
13,000本も使うそうです。そのヒノキを供給する山を
御杣山(みそまやま)と言います。元々は伊勢周辺の
神路山・島路山・高倉山が御杣山だったのですが
資源が枯渇してしまいました。その後木曽、東農から
ヒノキが供給されるようになりますが、この前の
式年遷宮で700年ぶりに地元からヒノキが供給されましたが
全体の23%だそうです。

 

その供給先である東農産のひのきで作った
とてもシンプルで余計なものがないすのこベッド。

 

 

節が殆どありません。余計な加工は無し。
樹齢50年以上のモノを使用しています。
ヒノキの無垢材です。東農ヒノキと言うのは
ヒノキの生育息の北限で節が殆どない、少ない
ヒノキの香りが強い。年輪幅が2~3㎜と均一
ピンクがかっていて艶があるのが特徴だそうです。
香りは梱包を開封した時によくわかります。
まるでヒノキで建てた新築の家みたいです。

 

そもそも、神宮備林というくらいですから
品質は高いはずです。そうでないと式年遷宮には
使われないはずです。

 

ヒノキはベッドに向く素材で
耐久性、湿気に強い、香りには
リラックス効果、鎮静効果があります。
抗菌性、ダニ忌避など。。。
いろんな特徴があります。

 

良い材料でシッカリとシンプルに作って
います。板厚もあり、足は6本で安定しています。
誰でも簡単に組み立てられ分解できます。
10分あれば十分に出来ます。
お値段はシングルサイズで52,920円

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

“神宮とご縁のある寝床” への2件のフィードバック

  1. ヒノキの、木の香りは、凄くいいですよねー気持ちを落ち着かせるリラックス効果もありますね、海外でヒノキの人気も少しづつ広がりつつあるようですよー!

    • ふとん屋@五代目 より:

      いげのやまさん

      ヒノキはホント良いですよね!
      いろんな効用があり、素材としても
      強く、吸湿性に優れているので
      日本の気候に合う素材ですね!

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK