悲しみの別れ『菊岡神社』

2014年12月6日 / 丹後の歴史, 丹後の神社, 神社・歴史

丹後の戦国時代のお話。

丹後は室町幕府の要職に付いていた一色氏が
治めておりました。その一色氏は織田信長の命に
より細川幽斎が侵攻してきました。

しかし、中々一筋縄でいかない一色義俊。
徹底抗戦をします。そして最終的には和議となり
丹後は細川氏と一色氏の分国統治となりました。

その時に細川家から細川幽斎の娘、伊也(菊姫)が
一色義俊の元へと嫁ぎました。暫くの間は
平穏無事に時が過ぎましたがきな臭い戦国の世。

一色義俊を宮津城へ呼び出し、そのまま斬りつけ
殺してしまいました…。一色家滅亡。

居城である弓木城は落ち、身を隠しながら夫、義俊の
菩提を弔っていたが意を決して兄のいる城を訪れるも
不在であり、敵方の姫と言う事で留守居の家臣に
より追い返されてしまう…。

そしてこの地で自害をしてしまう。。。


と一色軍記ではこの地で命を断ったありますが
史実では京都の吉田神社へ嫁ぎ、長命だったとか。

ちなみにココは京都府のアベオオサンショウオ
生息地でもあります。参拝に来るたびに一度見たいと
探してはみるものの…。


一度も見たことはありません(^^;

この地の地名”姫御前”は伊也(菊姫)から
きているのかもしれませんね。

御祭神? 菊岡比売命
京都府京丹後市大宮町姫御前  菊岡神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tags:

Comments are closed.

各種クレジットカード・PayPay対応

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
※御来店前に連絡を頂けると幸いです
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

 

Gamada Hidemasa

 

睡眠や寝具の事はプロの目線で、丹後の神社や
歴史の事はよく理解せず書き綴っております。
寝具製作技能士、上級睡眠健康指導士
羽毛診断士(ダウンプロフェッサー)等の
資格を持ってます。お気軽にご相談下さい。
お越しの際には連絡を頂けると幸いです。

 

フォローしてね

LINK

 

 

過去の記事はこちらで

クリックしてね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ