寝具製作事例No.39『原因は想像しない所にある』

2019年12月21日 / えびすやにあるもの, 寝具調整事例, 敷ふとん,

 

 

 

本日の折込に入っている地域コミニュティ誌
『ねこじゃらし』さんに広告をお世話になりました。

 

 

 

寒い、腰が痛い、肩が痛い…。
そういった原因が自分の想像外の所にあって
何度も寝具を買い替えても全然良くならない…。
そんな状況でお困りの方を何人も見てきました。

 

 

今日の広告にも書きましたがこの時期であれば
無茶苦茶、膨らんだ見るからに暖かそうな
高い羽毛ふとんを買ったのに寒い。。。

 

 

見るからに暖かそうなアクリルの毛布や
敷パットを使っているのに寒い。風邪をひいてしまう…。

 

 

これも暖かくする方法を実行したのに
全然暖かくなっていない一つの例です。
そんなのが沢山あります。

 

 

 

今回のご相談は首の具合が悪く病院へ行くと
頸椎の具合が若干悪いとの事です。

 

 

お話を伺っていくうちにわかった問題点
①枕が合っていない首の部分がシッカリと支えられていない。
②マットレスに超問題あり

 

 

枕は現状の枕では首を支えきれておらず
首や肩が凝る原因となっており
朝起きると、首が周りがダルさがあったり

腕が痺れると言った症状。横向き寝がメイン。
酷い場合はうつ伏せ寝。これらは敷寝具も
合っていない事が原因です。ご自身の身体に全く合っていない。

 

 

 

ネットで買った柔らかく相当分厚いウレタン
マットレスを使っておられる様で、分厚く
柔らかいという事は相当身体が沈むという事です。
人間の身体の比重は腰部分で40%以上ですから
腰が過度に沈み、上向き寝が出来ない状態に
あり、横向き寝、うつ伏せ寝が身体に負荷を
掛けています。うつ伏せ寝は首を捻るので首への
負荷がきつく肺が膨らまないので呼吸も浅くなります。
横向き寝も同様に腕や首に肩に負荷を掛けています。

 

 

基本は上向き寝です

 

 

それが出来る様に敷寝具を自身に合わせる事が
重要です。枕同様に誰が寝ても身体に合う
敷寝具など存在しませんので実際に寝て自分で
確かめ、吸湿発散をシッカリできる自然素材の
寝具を組合す事が快適に眠れる秘訣です!

 

 

今回はオーダー枕のみお作りしましたが
原因はハッキリしていますのでいずれは
敷寝具を整えられる事をおススメする事例です。

 

 

 

えびすやの得意な仕事

 

 

羽毛ふとん・枕・綿ふとん、オリジナル寝具オーダー等の製作事例は⇒こちら
1人1人の身体に合わせ寝易くする寝具調整の事例は⇒こちら
ムートン職人が目利きをした価値あるお値打ちのムートンとメンテナンス⇒こちら

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

Tags: , , , ,

Comments are closed.

各種クレジットカード・PayPay対応

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
※御来店前に連絡を頂けると幸いです
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

 

Gamada Hidemasa

 

睡眠や寝具の事はプロの目線で、丹後の神社や
歴史の事はよく理解せず書き綴っております。
寝具製作技能士、上級睡眠健康指導士
羽毛診断士(ダウンプロフェッサー)等の
資格を持ってます。お気軽にご相談下さい。
お越しの際には連絡を頂けると幸いです。

 

フォローしてね

LINK

 

 

過去の記事はこちらで

クリックしてね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ