寝具製作事例No.157『シンプルな生成でお仕立て出来ます』

2020年6月19日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 綿製品

更新が滞っててすみません(^^;
バタバタしておりましてお話ししたいことは
たくさんあるのですが…。

 

 

今日はふとんのお仕立ての話です。

 

 

50代半ば以上の方でしたら婚礼布団と言えば
綿のふとんでした。婚礼ですから綿の質も良く
ご本人以外に客用ふとんを2組くらい用意するのが
相場でした。

 

 

そのふとんを殆ど使うことなく
押し入れで眠らせていたらねずみがふとんの角を
かじってしまっているのでどうしたら良いですか?
とのご相談でした。

 

 

お預かりした綿はとても質の良いものでしたので
とても良い仕上がりでよみがえりました。
若夫婦がお使いになられるという事で
生成でお仕立てをしております。

 

 

 

 

薄く肌掛けふとんに仕立てました。
おしゃれなカバーを掛けて頂けるようにサイズは150㎝X210(SL)
紐穴も8か所付けております。お預かりした綿が
繊維長が長い質の良いメキシコ綿100%でしたので
肌によくなじむ心地よい仕上がりになりました。

 

 

 

 

4つ折りにしましたがこんなに薄いです。
綿の量は1.0㎏ですのでとても軽く、これに
麻のカバーを掛けて使えばこれからの時期
気持ち良いかと思います。綿の肌ふとんって
ホンマに気持ちが良いんです。

 

 

 

 

これはエジプト綿で仕立てた肌掛けふとん150㎝X210㎝(SL)ですが
これも1㎏入りで側地はガーゼに近い超柔らかいソフトな生地を
使っていますので肌にピタッと馴染み、油脂分の多いエジプト綿は
吸湿性にも優れています。エジプト綿のしなやかさが分かります。→こちら

 

 

 

 

シングルサイズの敷ふとんもお仕立てしました。
こちらは丈は210㎝にすると重くなるので200㎝です。
メキシコ綿100%で仕立てるとどうしてもヘタリやすく
かつ硬くなりやすいので硬いインド綿をクッション性の
出るような仕立て方をして足して作っています。
かなり粘りが出ていい感じに仕上がっております。

 

 

 

最近はポリエステルの硬綿入りの敷寝具や
掛寝具がドンドン増えてきています。しかし
綿素材の良さを体感してしまうとそれらの石油系の
寝具には戻れなくなります。ご実家、ご自宅に
殆ど未使用の婚礼布団があればお宝です!
仕立直しでしたら新調するよりも安くで出来ます。
まずはトライアルとして綿ふとんの良さを
実感してみてください!

 

その当時の掛けふとんなどは今と比べて
かなり多く充填しますので重くて使いにくいものが
多く使いやすい様に仕立直してみては如何でしょうか?

 

 

えびすやの得意な仕事

 

羽毛ふとん・枕・綿ふとん、オリジナル寝具オーダー等の製作事例は⇒こちら
1人1人の身体に合わせ寝易くする寝具調整の事例は⇒こちら
ムートン職人が目利きをした価値あるお値打ちのムートンとメンテナンス⇒こちら

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

Tags: , , , ,

Comments are closed.

各種クレジットカード・PayPay対応

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
※御来店前に連絡を頂けると幸いです
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

 

Gamada Hidemasa

 

睡眠や寝具の事はプロの目線で、丹後の神社や
歴史の事はよく理解せず書き綴っております。
寝具製作技能士、上級睡眠健康指導士
羽毛診断士(ダウンプロフェッサー)等の
資格を持ってます。お気軽にご相談下さい。
お越しの際には連絡を頂けると幸いです。

 

フォローしてね

LINK

 

 

過去の記事はこちらで

クリックしてね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ