寝具製作事例No.143『嫁入ふとんを再生』

2019年12月26日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 敷ふとん, 綿製品

今でこそそういう風習が無くなりましたが
婚礼ふとんに自分たちが使うもの以外に
来客用座布団20枚、来客用ふとん2組といった
ものを持っていってたのです…。

 

 

それを使わずそのまま押し入れに…。と
いう事があるのです。それが勿体ないのですが
どうしたらよいでしょうか?そんなご相談を
受ける事があります。

 

 

敷ふとんは使っていらっしゃるのですが問題は
掛けふとんです。今でこそ、綿を軽めに
仕立てますがその当時、かなりの量の綿で
仕立てるのが一般的だったようで中には4㌔
超えてるものを見たことがあります。
(えびすやは基本3㌔で仕立てています)
綿が膨らんでいる方が婚礼時に見栄えが
するからかな?と想像します。

 

 

だからその重さを嫌って使っていない
ケースがよくあるのです(^^;

 

 

今回はその使っていない掛けふとんを利用して
敷ふとんをお作りさせて頂きました。

 

 

 

 

 

今回の敷ふとんのお仕立ては
お盆・お正月に帰省される子供さんやお孫さんの
為のお布団として用意されるものです。
こういう敷ふとんが数枚あると便利ですよね。

 

 

 

えびすやの得意な仕事

 

羽毛ふとん・枕・綿ふとん、オリジナル寝具オーダー等の製作事例は⇒こちら
1人1人の身体に合わせ寝易くする寝具調整の事例は⇒こちら
ムートン職人が目利きをした価値あるお値打ちのムートンとメンテナンス⇒こちら

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

Tags: , ,

Comments are closed.

各種クレジットカード・PayPay対応

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
※御来店前に連絡を頂けると幸いです
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

 

Gamada Hidemasa

 

睡眠や寝具の事はプロの目線で、丹後の神社や
歴史の事はよく理解せず書き綴っております。
寝具製作技能士、上級睡眠健康指導士
羽毛診断士(ダウンプロフェッサー)等の
資格を持ってます。お気軽にご相談下さい。
お越しの際には連絡を頂けると幸いです。

 

フォローしてね

LINK

 

 

過去の記事はこちらで

クリックしてね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ