寝具製作事例No.115『敷ふとん仕立て直しに掛けふとん用の綿が』

2019年6月19日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 寝具制作事例, 敷ふとん, 綿製品

柿渋染めシーツの製作もそろそろ最後の染めかな?と
いう感じになってきました。いい感じです(^^)
ちなみにこれで7回目の染めです。

 

 

濡れてるので太陽光でちょっとオレンジ色っぽく
なってますが実際はもう少し暗い感じになりますね。

 

 

柿渋染めは一気に深い色を出すのは難しいんです。
ムラムラになりますし、また硬くゴワゴワにもなります。
回数を重ねると深みが出ますが手間と時間、
柿渋の液が沢山必要になりますね…。(^^;

 

 

さて…。

 

 

こういう事、ちょこちょこあるんです。
と言うのは掛けふとん用の綿で敷ふとんが
仕立ててあるケース。何故か結構見掛けます。
基本的に掛けふとん用の綿はメキシコ綿。
これを使う場合は太いポリエステルや
インド綿がベースにブレンドしてあるのが
一般的なのですがそういうケースがあります。
えびすやは通常こういう事はしません。
安価な綿以外は基本、インド綿ベースの綿を
使います。

 

 

ただ、綿は良質でした。う~ん。本音を
言いますとこれで合掛けふとんなんかを
作りたいところですが…。太いポリエステル綿
を混ぜて打ち、バッドパッド用の厚みの
ものを通常の敷ふとんの厚みにしてほしいとの
ご要望でしたので綿の不足分はインド綿を
シッカリと足しました。

 

 

出来る限り、良い状態にしてお返ししたく思って
おりますので場合によっては良くなる見込みが
ない場合(直ぐにヘタるなど)はお断りをする
場合があります。今回もお布団を2枚預かりましたが
一枚は綿の劣化が進み綿の油脂分が抜けて
いましたのでもう一枚分の綿の良さの足を引っ張り
かねないので一枚は処分させて頂きました。

 

 

羽毛ふとんのリフレッシュ同様、綿ふとんも
目利き致しますのでご遠慮くご相談ください。
ご相談は無料です。その他、ムートンのメンテナンス
その他、クリーニング、手入れの仕方
カビが生えたなど…。困ったことがあれば
ご相談ください。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

※docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

Tags: , , , ,

Comments are closed.

各種クレジットカード・PayPay対応

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
※御来店前に連絡を頂けると幸いです
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

 

Gamada Hidemasa

 

睡眠や寝具の事はプロの目線で、丹後の神社や
歴史の事はよく理解せず書き綴っております。
寝具製作技能士、上級睡眠健康指導士
羽毛診断士(ダウンプロフェッサー)等の
資格を持ってます。お気軽にご相談下さい。
お越しの際には連絡を頂けると幸いです。

 

フォローしてね

LINK

 

 

過去の記事はこちらで

クリックしてね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ