寝具制作事例No.72『今日の羽毛の目利き』

2018年8月15日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 羽毛製品

 

羽毛ふとんのリフレッシュのご相談です。
十数年前にご購入された寝具大手N社の製品です。
使用年数の割には羽毛に反発力があり元気があります。

 

 

しかし、お客様のお悩みは…。

 

 

『ここ数年、寒くて…。』

 

 

寒さが一番のお悩みです。
ミシン目を解き、中身の状態を確認してみました。

 

 

ホワイトグースダウン93%の表記です。
ファイバーも少なく、羽毛のベタつき感が
少ないので恐らく、水洗いをしているのでは?
(後で確認すると数年前に水洗い一度されてました。)

 

 

ピリングが進んでいますが十分にリフレッシュ可能な
羽毛ふとんです。状態は悪くはありません。

 

 

では何故、そんなに寒いのか?
長年の使用により買った時と比べたら
羽毛は劣化してきています。それは仕方ありません。
一番の原因は羽毛ふとんのマス目が大きすぎるのです。
3×5マスで合計15マス。これは大きすぎます。
羽毛の状態以上に構造上の問題が寒さを招いています。

 

 

マス目が大きすぎると中で羽毛が散ってしまい
肝心の身体の当たる部分に羽毛が無い。そんな状態に
なります。羽毛が無いから身体が保温できてないんですね。

 

 

今回は同等の生地(綿100%80サテン)に除塵時の
目減り分を足す羽毛も同等のもの。縫製は大きく変え
フィット感が出る様に細かくします。状態は悪くないので
洗浄、除塵で目減りする羽毛は少ないかなと思っております。

 

 

今年の冬は間違いなく保温力がUPして快適に
お使いいただけますね。

 

 

今、現在でしたら10月までにお納め出来ますので
羽毛ふとんの保温力が低下していることが気になって
いらっしゃるようでしたら羽毛診断士がいる弊店に
ご相談ください。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

コメントは受け付けていません。

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK