夏でも冷えるのは何故?

2014年7月9日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, 日々の暮らし, 睡眠改善

台風のせいでしょうか?
昨日などあり得ない暑さで身体が参りそうでした(^^;
なのに身体は冷えるのです。

昔は冷蔵庫も無ければエアコンもありませんでした。
文明の利器が身体を冷やしています。そういう身体を
冷す環境に晒されていながら、夏場はツイツイ、
入浴はシャワーで済ます。そんな方、多いのでは?

冬場は身体を寒さから守ろうとしますので夏場のほうが
身体を冷やしてしまっています。

眠る時、足がカッカして暑くて眠れないという方
いらっしゃいませんか?以前、僕は暑くて寝られないので
シャワーで冷水を足に掛けてました。すると足が冷えて
気持ちが良いのですがその時だけ。余計にカッカします。

それは足が冷えているからカッカするのです。じっくりと
入浴をし足を暖めるようにしましょう。38~40度くらいの
お湯で20分以半身浴をすれば身体もじっくりと温まります。
これにより体温が上昇しますので体温も下がりやすくなり
寝付きも良くなります。そして、冷えた食べ物やエアコンで
冷えているお腹も温まります。

眠る時も身体を冷やします。エアコンの使用であったり
深夜から明け方に掛けて気温は低くなり自分自身の深部体温も
最も低くなります。

そこで眠る時のポイントですが

①寝具を自然素材のモノにする。

ウレタンやポリエステルの素材は吸湿性が乏しく蒸れます。
必ず眠るときに深部体温を下げて代謝を落すのですが深部体温を
下げるときにたくさんの汗をかきます。コレが吸湿しないと
蒸れるのです。今度は汗で濡れた下着やパジャマのままでいると
エアコンや深夜の低い気温に冷やされて余計に身体を冷やします。

ですからしっかりと吸湿できる自然素材の寝具が必要になります。
その中でも『麻』は接触涼感があり吸湿発散が早いので背中も
サラリとし気持ちが良いです。

②身体を冷やさない。足・お腹を温める。

夏場でも足はよく冷えます。(カッカしている場合も血流が
悪く冷えてます。お風呂でマッサージをするのもよいでしょう)

そこで夏場にもソックスを履くと良いのですが
締め付けがあると血流を阻害しますし、素材によっては
蒸れます。シルク(吸湿発散が良いので蒸れにくい)で
締め付けの殆どない作りのものを履かれることをオススメすます。
当店の場合は5本指タイプをオススメしています。足の指の汗まで
しっかりと吸収し保温性もあるからです。

もう一つは腹巻きです。冷たい食べ物や飲み物でお腹も
結構冷えていますし、エアコンや朝方の寒さからも守ってくれます。
腹巻きを使うと血行がよくなり、足の先まで血液が行き渡りやすく
なります。腹巻きと併用するのも良いでしょう。これも
蒸れにくいシルク素材で締め付けの緩いものがオススメですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ


タグ:

コメントは受け付けていません。

えびすやの自然素材寝具


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00

ランキングに参加しています


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

最近のコメント

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。