制作事例No.79『羽毛の毛羽が吹き出してしまう』

2018年10月7日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

残念ながら写真の撮り忘れです(><)

 

 

長年使い続けると千切れた羽毛が側生地
からチョロチョロと出てきます。

 

 

ひょっとして側地が破れてるかも??
と思い隅々見ても何処にも破れが無い…。
そんな経験をされたことがある方も
いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

 

吹き出す犯人はこいつですね。
ファイバーダウンというダウンボールから
千切れた羽枝です。もうこの状態では
保温力がありません。これがどんどんと
増えてくると羽毛ふとんの保温力は低下し
ふっくら感も無くなってきます。

 

 

今回の事例は生地から目に見えて
吹き出していました。この状態になると
側地を変えない限り収まりません。
どんどんとファイバーが出てくるという事は
劣化も進行しています。

 

 

中を開封して診断してみますと
現段階であれば十分、回復すると判断し
羽毛リフレッシュをしました。

 

 

 

合い掛けふとん→本掛けふとんへの
変更ですので通常よりも足し羽毛を多めに
しております。新毛の割合が高い分仕上がりも
よくなっています。足し羽毛もダウンパワー420の
大粒なホワイトグースですので尚更ですね。

 

 

側地は80番手サテンココより上のランクに
ですと軽さ、滑らかさ、ソフト感、そういった
羽毛ふとんの良さが出てきますね。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK