制作事例No.38『綿の力』

2017年10月24日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 綿製品

先日、母に頼まれて作った綿わた入りのこたつ敷
これが凄いんですね!暖かいのです!綿の力を
思い知りました。ふんわりとした綿の繊維の間の
空気がこたつのヒーターに温められ、電気カーペットの
様に暖かいのです。と言いましても電気カーペットの
暖かさとは異なり表現が難しいのですが優しい暖かさです。
そして綿わたの心地よさがあるんです。

 

 

実は採寸を間違えていたのでもう一度
作り直してみました。若干、生地が足らなかったので
足しております。今まで使ってた寸法違いの
こたつ敷きは…娘、自慢の段ボールハウスの中に
敷かれている様です(^^;

 

こたつ掛け、こたつ敷、そして天板の下の部分に
めん綿のこたつ敷。と綿わたフル装備にすれば
ホントに暖かいです。めん綿は断熱してくれるので
熱を逃がさない保温力があり、熱を保持してくれます。

 

こういった職人仕事をする前は綿の良さを
解っている様で解っていませんでした。これは自分で
綿わたを触って自分で作らないと気付けなかったと
思います。職人仕事をしていないお店はそこまで
綿わたをおススメしないかもしれません。僕がそう
だったので(^^;当然、めん綿の製品が置かれていない
寝具売り場では進められることもないでしょう。

綿の良さに気付き始めると
綿の寝具をお客様にその良さを伝えたり
どんな風に作られてるかをお話したり
お勧めするようになります。

 

綿はとてもいい素材なのです。決して古臭く
時代遅れの素材ではありません。逆にポリエステルや
ウレタンのふとんだらけになり、僕には新しく
見えます!

 

もちろん綿のいい部分だけではなく弱い部分も
ありますので、綿だけが良い素材という訳では
なくウールであり羽毛であり

真綿であり、自然素材の寝具を適材適所で使う人の
環境に合わせて使うのが一番いいんじゃないかと
思います。

 

 

羽織を解いたものをお預かりして
継いで小ぶりの合掛けふとんも完成しました。
絞りの生地はなかなか大変ですね。

 

 

 

特価でミニ座布団を作りましたので宜しければ
買ってやってください(^^)店頭に積んでおきます。
もちろん中材は綿わたを使っております。
これから暇を見つけて作っていきたいと思っております。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

コメントは受け付けていません。

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK