あっち側の山道でも山頂に行ける

2017年11月14日 / えびすやにあるもの, 寝具のはなし, 羽毛製品

 

長いお付き合いのメーカーさんが先日、
営業に来られた営業担当の方は自社製品を隅々まで
熟知してる。ただ、熟知してるわけではなく
徹底的にこだわったモノづくりの裏付けを元に
説明をしてくれるので目から鱗でした。

 

 

僕の考えと真逆の考え方でしたが
結局、目指すところは同じでどちらの道から
登っても頂上に行ける。そんな事を感じました。
詳しい内容はここではお話しませんが
突き詰めていくとついつい視野が狭くなる
事は多分にあるかと思いますがそんな時は
敢えて真逆を見てみるのも良いかもしれません。
営業担当さんのお陰で世界が広がりました!

 

 

目指すは快適な眠り。どちらの山道を登っても
頂上に行けますが見える途中の景色が違うから
違う様に思ってしまう。時と場合によって登る
山道を変えれば良いので選択肢が広がり世界も
広がったような気がします。

 

 

凄く質の良いダウンで新しい羽毛ふとんを
入荷します。( ̄ー ̄)ニヤリ スティッキーです。
ダウンを少し摘まむと羽毛が絡んでくっつきます。
これはそれだけ飼育期間が長いよく熟したダウンと
いう証です。

 

 

スティッキーダウンはよく熟しているので
羽毛が強い事と羽毛がくっついているので
ふとんの中で動き回りにくく摩擦が少ないので
羽毛が傷みにくい。良い状態で長持ちしやすい
と言う特徴があります。

 

 

入荷がとても楽しみです!(^^)
サンプルで確認をしておりますがフィット感が
物凄く良い事。これ羽毛ふとんではとても
重要な要素。なので単に羽毛をたくさん詰めれば
それで暖かくなるとは限らない。少ないから
寒いとは限らない。それは生地、縫製
どんな羽毛をどれだけ充填するのかのバランスです。
そして、さらに言えばどんなカバーを使うのか
どんな敷ふとん使い、どんなパジャマを着るのか?
ふとん全体のバランスが眠りを作ります。
ですから物凄くいい羽毛ふとんを使っているのにも
関わらず、寒くて寝られない人もいてます。
だからアクリルの毛布を使い…。電気毛布を使い…。
段々と快適な寝床から遠ざかっていく。

 

 

販売するお店側はもちろんの事として
お客様も少し視野を広めに持つと解決の
糸口も見つかりやすく良い眠りに辿り着ける
かと思います。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 


タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


えびすやの自然素材寝具


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00

ランキングに参加しています


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

最近のコメント

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。