職人の綿ふとん

 

 職人の
綿ふとん
 昔ながらの手仕事・製法で寝具制作技能士が1枚づつお作りします。手間は掛かりますが機械で綿入れをした寝具とは異なりヘタリ難く作らています。製品に関するお問い合わせは→こちら
 
敷ふとん シングルサイズ20,500~
掛ふとん シングルサイズ19,500~            (綿・生地の種類により価格が変わります)
 
昔ながらの職人の手によって作られる綿ふとん。昔ながらのおふとんはヘタりにくくなるように綿を縦横に積層にし、ヘタった時に平らになるよう、中心部が緩やかに高くなるように仕立ててあります。ご予算やお好みに用途により、手頃な混綿、エジプト綿、メキシコ綿、インド綿、インドアッサム綿などの綿を使い分けております。当店では敷ふとんはシッカリ目に、掛ふとんは肌添いや重くならない様に控え目に仕立てさせていただいております。目安として3~5年(特に敷ふとん)で仕立直しをオススメいたします。ヘタってくると底づき感、暖かい空気が含めなくなり、最初の風合いは損なわれます。
 
 Reuse(再生)綿ふとんの仕立て直し 
 綿ふとん仕立直し            (足し綿の種類・量・生地の種類などにより価格が変わります)
 ヘタって薄くなった綿ふとんも綿を打ち直し、新しい側地で仕立て直す事により蘇ります。当店では古綿のみだけを使うのではなく綿の状態を見ながら打ち直しのレシピを変えたり新しい綿を足して仕立てて行きます。打ち直し綿のみの場合、綿の繊維が短くヘタリが早くなります。それを補う意味でそういった事を行っております。詳細はこちら
 ※仕様変更、原材料価格変動等により予告なく変更される事がございます(表示は税込価格です)
ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK